« 水没 !? そのとき、どーする? (前編) | トップページ | 水没 !? そのとき、どーする?(後編) »

2007年10月27日 (土)

間違いだらけのハウジング選び

ハウジングを購入するとき、何を基準に決めますか?
メーカー? 予算? 使いやすさ? 当たり前のことですが、安くて使いやすいものがいいに決まっていますよね。

そこで、今回は水中バランスに限定してお話することにします。
ハウジングを設計、製作、販売している私たちが一番心がけていることは水中バランスなのです。

私自身、長年ハウジングを使って水中写真を撮っていますが、気になるのは水中での撮影機材が重い点です。過去に製造されていた某メーカの水中専用カメラは、水中重量が2キロ以上もありました。これでは、1時間も手持ちで写真を撮っていたら手首が痛くなり、腕は筋肉痛になります。ハウジングにしても、全装備で何キロという重量になってしまいます。
しかし、いろんなお客様と話をしていると「なるべく小さいのが良い」とか「素材は金属がいい」とかという話題ばかりで、水中でのバランスを訴える方は皆無です。私たちはそのたびに「ハウジングは運ぶためにあるものではないし、飾っておくものでもないので、撮影しやすいハウジングを買いましょう」とアドバイスしてきました。

本当に使いやすいハウジングとは、全装備で水中重量が500グラムから重くても1キロ以内が理想と考えます。手前味噌になりますが、NautilusシリーズとNautilusNEOシリーズはこの点を十分考慮して製作しております。これまでのハウジングにはない水中でのバランスが体験できると思います。

《テール》では、無料でハウジングをご利用いただけるサービスを実施中です。ぜひ一度お試しください。

text by 千々松政昭

|

« 水没 !? そのとき、どーする? (前編) | トップページ | 水没 !? そのとき、どーする?(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水没 !? そのとき、どーする? (前編) | トップページ | 水没 !? そのとき、どーする?(後編) »