« ブログスタートです | トップページ | 水没 !? そのとき、どーする? (前編) »

2007年10月14日 (日)

ハウジング選びのワンポイントアドバイス

Kizai12

お客さまの質問で一番多いのが、「どのハウジングを選んだらいいの?」というもの。中身のカメラの選択はもちろんですが、それに合わせたハウジング選びに悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ハウジングは素材によって、それぞれ特色があります。主なポイントをご紹介しておきましょう。

アルミハウジング……nexusシリーズなど
アルミの鋳物でできていて、分厚く重量感のある堅牢な作りになっています。機種ごとに型を作って大量生産するため、対応する機種がある程度決まってきます。デザイン性に優れ、高級感があるのも特徴です。しかし落とすと歪むことがあり、そうなると修理ができません。また他のハウジングに比べ、値段もやや高めです。

ABS樹脂ハウジング……Nautilus NEO、ジリオンなど
樹脂とゴムをミックスした素材で、剛性、硬度、耐衝撃性などに優れています。ブロックを削って1台ずつ作りますが、対応する機種もある程度決まってきます。重量は、陸上ではアルミより若干重めですが水中重量が軽く(ABS樹脂は水の比重とほぼ同じため)、水中バランスに優れています。

アクリルハウジング……Nautilusなど
アクリル板を折り曲げ、接着して作ります。1台ずつ手作りするので、お好みに合わせたオーダーメイドが可能です。落とすと割れたり欠けたりすることがありますが、修理してまた使うことができます。透明なケースなので、水没に気づきやすいというメリットもあります。値段も安価で、商品回転の速いデジタルカメラの買い換え需要にも対応します。

どのハウジングを選ぶかは、お好みやご予算次第です。ハウジング選びに悩んだら、まずスタッフにご相談くださいね。

|

« ブログスタートです | トップページ | 水没 !? そのとき、どーする? (前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221401/16757525

この記事へのトラックバック一覧です: ハウジング選びのワンポイントアドバイス:

« ブログスタートです | トップページ | 水没 !? そのとき、どーする? (前編) »