« フィンは、ゴム or プラスチック? | トップページ | 誤解の多いストロボ選び »

2007年11月22日 (木)

Nautilus NEO 40D テスト撮影レポート

_mg_9461_nautilus_neo_40d_jpg_2

先日、Nautilus NEO 40D のテスト撮影に行ってきました。キヤノン EOS 40D 用、期待のABS樹脂製NEWハウジングです。

場所はホームグランドの東伊豆・富戸。
レンズはトキナ10-17mmズームとEF50mmマクロ。
今回、ストロボはINON D2000を2灯を使用しました。

【作例】イナダの群れPhoto

まずは、テスト撮影を終えての全体的な感想です。
前モデル同様、Nautilus NEOの特徴である水中バランスは、設計通り大変素晴らしい。扱いやすい水中重量に仕上がりました。これなら、長時間の撮影も水中移動も楽でしょう。

ゴーストも杞憂に終わりました。このハウジングは内蔵ストロボを発光させるタイプなので、内面反射で画像にレンズが写り込まないか心配していたのです。でも、INONクリアフォトフィルムを張ったおかげで、内面反射によるゴーストは発生しませんでした。
TTL発光も順調です。内部には光を光ケーブルに伝えるための鏡を設置してあり、ほとんどの場合、補正の必要はありませんでした。
また、ワンタッチで自然光撮影が可能になりました。ハウジング前面に配置したストロボ開閉レバーを下げることにより、簡単に内蔵ストロボを閉じることができるのです。これは想像以上に快適! 従来は両方の外部ストロボのスイッチを操作しなければならなかったので、それに比べると非常に楽です。

カメラの性能面では、背面の液晶画面に撮影データが表示されるので、大変見やすくなりました。老眼の方には朗報ですね。

ファインダーはINONのシステムを採用しており、ピックアップファインダーが標準で装備されています。好みや用途に応じて、45度のタイプとストレートビューファインダーに交換可能です。
正直なところ、EOS 40Dというカメラのファインダーはお世辞にも見やすいとは言えません。でも、INONのビューファインダーを装着することで、カメラのファインダーを直接見るよりむしろ見やすくなり、ファインダーのストレスは大きく軽減されます。
45度のタイプは慣れが必要ですが、ローアングルやあおっての撮影には真価を発揮します。

【作例】キビナゴを襲うギンガメアジ_mg_9406_jpg_2

ほかにもいろいろ美点がたくさんあるのですが、如何せん言葉ではどうもうまく伝えられません。ぜひ一度、Nautilus NEO 40D を実際に手にとってください。きっと、実際に使ってみたくなること間違いなし! 

というわけで、近々、伊豆の姉妹店《ダイブチームエス》でNautilus NEO 40D の無料モニターを実施予定です(※)。なお、マクロの作例は「水中写真ブログ」で紹介していますので、ご参照ください。

※現在はEOS Kiss D-X の無料モニターを実施中です。

●photo & text by 千々松政昭

|

« フィンは、ゴム or プラスチック? | トップページ | 誤解の多いストロボ選び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィンは、ゴム or プラスチック? | トップページ | 誤解の多いストロボ選び »