« 誤解の多いストロボ選び | トップページ | INONストレートビューファインダー発売! »

2007年12月13日 (木)

Nautilus D300完成!

D300 Nautilus D300 
60m耐圧ハイグレードタイプ(198,000円)、右は45°ファインダー装着時。
このほか、シンプルタイプ(120,000円)とデラックスタイプ(140,000円)がある。

お待たせいたしました、Nautilus D300が完成いたしました!
木村拓哉が「ぼくの宝物だよ」とコマーシャルしているニコンのデジタル一眼レフカメラ、D300用のアクリルハウジングです。

従来のNautilusハウジングの耐圧水深は40メートルですが、今回は多くの方からのリクエストに応え、耐水圧60メートル仕様のハイグレードタイプを追加しました。耐圧水深を上げるため、一部にかなり厚いアクリル板を使用しているのですが、それが幸いして直線的で無骨だったアウトラインに丸みが生まれ、結果的にデザインもフィット感も向上したと思います。

ところで、冒頭に「お待たせいたしました」と書きました。確かにニコンD300が発売されたのは先月末、すでに2週間以上が経過しています。
パソコン同様、デジカメは2~3年という短いサイクルで新しい商品がリリースされています。しかも、新商品は旧タイプと比較にならないほど性能や機動性が向上しているもの。より質の高い水中映像を目指すユーザーとしては、文字通り一日も早いハウジングの完成を期待するのが当然でしょう。
それでも、この新しいNautilus D300というハウジングで撮影された水中写真こそが、ニコンD300による世界初の水中映像となるはずです。

というのも、ハウジングの製作というのは、通常カメラが発売されてから最低でも半年弱はかかるものだからです。まず、カメラを図面に起こし、それを元に設計が行なわれます。どれほど熟練した人でも1ヵ月は要します。ここからパーツの設計・金型やモデリングでさらに1ヵ月、その後試作や設計変更で1ヵ月、その後パーツやボディの量産で1ヵ月……と、リリースまでに軽く4~6ヶ月はかかる計算。

それを考えれば、今回のニコンD300用ハウジングの完成は驚異的なスピードです。
それというのも、このハウジングがアクリルタイプのNautilusだからこそ。すでにシリーズとして完成しているNautilus ならば、設計や試作に多くの時間を必要としません。水中バランスも使い勝手も、すでに高い評価を得ています。また、材質がアクリルなので金額も安く抑えられ、デジカメのNEWリリースに合わせて短いサイクルで買い替えることも可能となります。

ただ、アクリルハウジングは全体的に悪いイメージが根強く残っているせいか、食わず嫌いのまま使わない方がいるようです。大変残念で、実にもったいないことです。
Nautilus シリーズ、特にNautilus D300は従来のアクリルハウジングとは別物なのです。随所にこだわりのパーツを使用し、熟練のスタッフが1点1点愛情を込めて製作しております。

ぜひ一度、Nautilus D300を手にとって見てください。従来のアクリルハウジングのイメージが一新されると思いますよ。

●text by 千々松政昭

|

« 誤解の多いストロボ選び | トップページ | INONストレートビューファインダー発売! »

コメント

Nautilus D300を購入したいと考えていますが、納期はどれくらいでしょうか? 

投稿: 大久保 香月 | 2008年3月 6日 (木) 01時15分

ご連絡ありがとうございます。
ご連絡遅くなりまして申し訳ございませんでした。
Nautilus D300は現在販売中です。
納期ですがシンプルタイプ・デラックスタイプは5週間ハイグレードタイプは8週間掛かります。
1点1点手作りのため生産個数に限界がありますのでご了承下さい。
ご注文はメールまたはお電話・ご来店でお願いします。
これからゴールデンウィークが近づきますとさらに納期が長くなることが予想されます。
お早目のご検討をお勧めします。
ご注文心よりお待ちしておりす。

投稿: 千々松政昭 | 2008年3月 9日 (日) 11時02分

ダイブショップテール 店長千々松政昭 様

2008.04.05【マリンダイビングフェア2008 in サンシャイン】にて

本日はのマリンダイビングフェアでは大変お世話になりました。お忙しい最中にもかかわらず、懇切丁寧にアドバイスをいただき大変感謝を致しております。
さらに、初心者の私にも笑顔で親身に相談に乗っていただき心から感謝致しております。

店長さんの誠実な人柄や商業ベースではない仕事に対する情熱、信頼感から今後ともお世話になりたいと感じました。

さて、D300のハウジングが手元に届くことをとても楽しみにしております。

はやく、水中の素敵な風景を撮りたいですね。

大久保 香月

投稿: 大久保 香月 | 2008年4月 6日 (日) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誤解の多いストロボ選び | トップページ | INONストレートビューファインダー発売! »