« ドームのキズに悩んでいませんか? | トップページ | Nautilusカスタムハウジング大幅値下げ! »

2008年1月12日 (土)

やっとD300のテストができました。

Photo_2 Nautilus D300 によるマクロ作例。※クリックすると拡大写真が見られます。

●photo by 冨樫 敬 text by 千々松政昭

みなさん、お待たせしました!
やっとNautilus D300の水中テスト撮影ができました。

ハウジングは早くに完成していたのですが注文が多く、またカメラが1台しかないのでなかなかテストできなかったのです。といっても、私が撮影したわけではなく、姉妹店の富樫に撮ってもらったのですが。

Nautilus D300 によるワイド作例。
※クリックで拡大写真が見られます。Photo_4 

写真を見ての第一印象は、C-MOSセンサーになって白とびがかなり改善されたということです。今まではCCDセンサーだったので、白とびと階調に悩まされていたNIKONユーザーが多かったと思いますが、これでストレスから解放されると思います。
それと、バッテリーの持ちがよくなった。これも電池消費量の多いCCDから省エネのC-MOSに切り替わったことによる改善点といえるでしょう。

さらに、3Dトラッキングという機能が追加されました。これがすごい! シャッターを半押しすると、AFが作動焦点を被写体に合わせます。そのあとで被写体が動いても、51点あるセンサーが被写体を追跡するのです。ファインダーから被写体が外れない限り追い続けるので、水中でちょこまか動きまわる魚の撮影にはすごい威力を発揮すると思います。
まだマニュアルで撮影している皆さん、これからはAFの時代です。

なにはともあれ、作例写真を見てください。早くD300を使いたくなると思いますよ。

|

« ドームのキズに悩んでいませんか? | トップページ | Nautilusカスタムハウジング大幅値下げ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドームのキズに悩んでいませんか? | トップページ | Nautilusカスタムハウジング大幅値下げ! »