« 防水パッキンを長持ちさせるには? | トップページ | 伊豆は「ロクハン」、海外はピナクル。 »

2008年2月23日 (土)

写真派向きのレギュレーター。

Rx2500_2             ビーイズム社製のRX2500PTは写真派におすすめ。テールでは春のセール中

ダイバーの命綱とでもいうべきレギュレーター。これを選ぶ基準は、一般的に「空気が吸いやすい」「排気がスムーズ」「重量が軽い」などが挙げられます。

ここで、意外に見落としがちなのが「排気の流れ方」です。

私たち水中カメラマンはハウジングを顔の前に構えて写真を撮ります。特にあおって写真を撮るときは、排気のバブルがハウジングに掛かってしまいとても見難くなります。
ですかに、なるべく顔から離れた位置に排気弁のあるレギュレーターが水中撮影に向いています。

最近のレギュレーターは軽量コンパクト化の傾向が強く、排気ティーが申し訳程度しか付いていないものが多いようです。見た目のデザインや、持ち運びの便利さだけで商品開発されたレギュレーターが目立ちます。
そこで、ビーイズム社製のレギュレーターを紹介します。ティーが十分に大きく、排気がとてもスムーズに両サイドから放出されます。特に、ネレオスシリーズはチタン製なのでとても軽く、耐腐食性に優れ、私イチ押しのレギュレーター。
保障システムも充実していて、5回分の保障パーツ無料をはじめフェイスやホースの交換割引券が付いています。RX2500PTは、なんと1年間の動産保険が付いていて6年間はメンテナンスが無料。素晴らしい保障内容ですね。

現在テールでは春のセール開催中です。
新商品のネレオスシリーズが数量限定早い者勝ちで50%OFF
この機会にぜひ撮影しやすいレギュレーターに変えてみては如何ですか?

●text by 千々松政昭

|

« 防水パッキンを長持ちさせるには? | トップページ | 伊豆は「ロクハン」、海外はピナクル。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防水パッキンを長持ちさせるには? | トップページ | 伊豆は「ロクハン」、海外はピナクル。 »