« Nautilus NEO 40Dの改造例。 | トップページ | さあ、マリンダイビングフェアだ! »

2008年3月28日 (金)

春はデジタルビデオハウジング!

Img_0377_1     パナソニックのHDC-SD9を収納したNautlilusハウジング。

最近注文が多いNautilusハウジングは、ハードディスクタイプのビデオカメラです。
小型軽量、テープも不要でコンパクト、ハイビジョンの高画質、何十時間も録画可能という、水中での撮影にはありがたい機能です。金額もびっくりするほど安く、10万円を切る機種もあり、ある意味デジタルカメラを買うより便利がいい面も多いです。

ただし、ファインダーのない機種が多い点に注意が必要。このタイプのカメラは、モニターを開いた状態でハウジングを製作する必要があります(写真上)。また、ファインダーが付いていても、お飾り程度のサイズの場合は水中では使いにくく、やっぱりモニターはオープンタイプになります。
また、ハードディスクタイプのカメラでハウジングを制作するときに気をつけるべき点は熱です。機種によってはカメラが熱を持ち、ハウジングが曇りやすいという問題点が発生します。

これから水中撮影用にビデオカメラを購入するお客様は、これらの点を考慮し機種を選定してください。サイクルが短く、どんどん新しいカメラが発売される現在、ハウジングに高額な金額をかけるのはいかがなものかと思います。
そこで手前味噌ですが、やっぱりNautilus。
価格も手ごろですし、透明なので内部が見やすく操作しやすい。何より、どんなカメラでも製作可能といいことずくめ。

この春、新しいカメラとハウジングで水中ビデオ撮影にチャレンジしてみませんか? ハウジングの製作には1カ月程度かかります。余裕を持ってのお申し込みをお願いします。

なお、《テール》は4月4~6日に池袋サンシャインシティで開催されるマリンダイビングフェア2008に出展します。ご来場の際には、ぜひお立ち寄りください。

←「マリンダイビングフェア2008」についての情報はコチラへ 。

●text by 千々松政昭

|

« Nautilus NEO 40Dの改造例。 | トップページ | さあ、マリンダイビングフェアだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nautilus NEO 40Dの改造例。 | トップページ | さあ、マリンダイビングフェアだ! »