« ニコンの新機種、D700発表! | トップページ | 驚異の充電式電池 eneloop! »

2008年7月10日 (木)

メモリーカードで泣かないための5カ条。

Photo

メモリーカードは、デジカメをはじめいろいろな機器で使われている。小さくて手軽だが、こう見えて精密機器。ダイバーのフィールドは海。そこには、直射日光・高熱・水・砂その他いろいろ精密機器にとってデンジャラスなものがいっぱい。十分な注意が必要だ。……じゃないと、せっかくの映像がパー。

先日、ダイビングに行ったときのこと。

いつものようにデジタルカメラでいろいろ撮影、浮上後にさっそく海辺で画像を確認。ふむ、我ながらなかなか素晴らしい作品の数々。

クラブハウスに戻り、大きなモニターで画像を確認しようとしたところ……。

……カメラの表示がエラー????

いろいろ操作してみたが、一向に改善しない。
そこでパソコンで確認したところ、なんとメモリーカード自体が壊れていることが判明。がっくり……デジタルのとても怖い一面です。

このメモリーカードは、一流メーカーのもので特に粗悪品ではありません。使用年数は4年程度。使用頻度も月に数回程度で、決して酷使したわけじゃない。この事態は「たまたま外れに当たったんだろう」で片づけたくはありません。実は、過去にもこのような失敗を何度か経験しております。

そこで、深く反省するとともに、私のような事態に陥らないよう皆さんにもアドバイス。以下のことを実行するようお勧めします。

1 こまめにバックアップ。
ツアー中、ずーっとメモリーに画像を入れっぱなしの人をときどき見かけます。メモリーカードの容量が格段にアップしたせいでしょうが、これは大変危険。撮った画像は、その日のうちにパソコンやストレージに保存しましょう。
2 落下や衝撃は厳禁。
お手軽に見えますが、メモリーカードは超精密機器です。落下などによる衝撃で画像が消去されたり、メモリーカード自体が破損する可能性があります。
3 専用ケースを使用。
スペアのカードをそのままポケットやカバンに突っ込んでいる人をよく見ますが、精密機器であるメモリーカードには過酷過ぎます。きちんと市販の専用ケースに保管しましょう。また、保管時にはカメラ機材と一緒にドライケースにいれることをお勧めします。
4 新品を用意。
2~3年以上使用したら、新しいメモリーカードに変えましょう。使用頻度にもよりますが、それくらい使用したカードはスペアに格下げ、メインに使用するカードは新品のほうが無難です。
5 試し撮りは必須。
カードのトラブルで、意外に多いのは初期不良。新しいカードを購入したら、必ず試し撮りをしましょう。ことのき、カメラのモニター画面で確認するだけではダメです。パソコンやストレージに画像が取り込めるかどうか、最後まで確認しましょう。

以上を実行すれば、まずほとんどのトラブルは回避できるでしょう。
でも、トラブルは忘れたときにやってくる。ホントに予期しないときに起こっちゃうもの。念には念を入れてトラブルを回避、せっかく撮影した映像がオシャカにならないように気をつけましょう。今回の私のようにね……。

●text by 千々松政昭

|

« ニコンの新機種、D700発表! | トップページ | 驚異の充電式電池 eneloop! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニコンの新機種、D700発表! | トップページ | 驚異の充電式電池 eneloop! »