« 驚異の充電式電池 eneloop! | トップページ | NautilusNEO40D改造~背面AF用レバー »

2008年7月25日 (金)

光ケーブルの手入れ。

Photo光ケーブルは、デジカメとストロボを繋ぐ大切な「機材」のひとつ。

デジタルカメラで水中撮影をするとき、外部ストロボを同調させるのに使用する光ケーブル。カメラやストロボ本体に比べ軽んじられやすいのですが、日頃の手入れやチェックを怠ると、思わぬトラブルに見舞われることがあります。

まず、断線。
光ケーブルの内部には、非常に細い光ファイバーがたくさん通っています。補強材等で保護されてはいますが、あまりに細いためちょっとした衝撃で切れてしまうことがあるのです。
断線をチェックする方法は簡単。
光ケーブルの端にストロボを当て、反対側の端を目視します。光ケーブルの断面がストロボ発光と同時に光ればOK。ストロボが光っているのに、反対側が光らないのは断線の可能性が高い。
ケーブルを丹念にチェックすると、どこかが切れているはずです。その場合は、断線した場所を鋭利な刃物で切り取れば、その場所からまた使用できます。
コネクター方式になってる場合は、専門のお店に持っていけば修理してくれるでしょう。

そして、汚れ。
コネクターに挿しっぱなしで放っておくと先端が汚れてきます。これも外部ストロボが正確に作動しない原因となります。
ときどき、先端部分をアルコールや中性洗剤などできれいに掃除しましょう。コネクター側が汚れている場合もあるので、綿棒等で掃除しましょう。

機材の不良による失敗写真は、努力すればほとんど回避できます。
つまりは、日頃のお手入れをお忘れなく、ということで。

●text by 千々松政昭

|

« 驚異の充電式電池 eneloop! | トップページ | NautilusNEO40D改造~背面AF用レバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 驚異の充電式電池 eneloop! | トップページ | NautilusNEO40D改造~背面AF用レバー »