« メディアケースのススメ。 | トップページ | 海の上でも繋がってます~Nautilusエマジェンシーフォン »

2008年8月17日 (日)

水没の補修剤。

Photo メンテナンスキットの中に1本入れておくと便利な接着剤。千々松のお勧めは「スーパーX」。定価は1本525円(20ml)。


先日、モルジブツアーに同行したところ、ハウジングが水没して大変苦労しました。幸い浸水は少量だったのでカメラには影響がなく、そのあとも無事に撮影はできました。
水没の原因はいろいろあり、現場ではわからないこともありますが、今回は接着箇所の剥離と判明しました。そのとき役に立ったのが補修剤です。

私が常に携帯しているのはスーパーXという接着剤。金属やプラスチック、ゴム、セラミックなど広範囲の材料に使用可能で、柔軟性もあるのでパテのように穴埋めにも利用できます。簡単に剥がすことができるので、ハウジングを修理に出すときも問題になりません。

補修は、まず水没していると思われる場所の水分を拭き取り、よく乾燥させてからスーパーXで埋めます。
水没箇所がスイッチの場合、その場では修理ができません。しかし遠路はるばるダイビングツアーにに来たのですから、撮影だけはなんとか続行したい。そこで、やっぱり役に立つのが補修剤。そのスイッチ自体は使用できなくなりますが、スイッチ全体をスーパーXで埋めてしまうのです。

スーパーXが固まるまで12時間程度かかります。夜のうちに補修・接着が完了すれば、翌日には使用できるはずです。でも、いきなりカメラを入れて潜ってはいけません。水中撮影は1ダイブ犠牲にして空のハウジングで潜り、水が入らないか確認したうえで使用しましょう。

旅先ではどんなトラブルに遭うかわかりません。備えあれば憂いなしです。

●text by 千々松政昭

|

« メディアケースのススメ。 | トップページ | 海の上でも繋がってます~Nautilusエマジェンシーフォン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メディアケースのススメ。 | トップページ | 海の上でも繋がってます~Nautilusエマジェンシーフォン »