« おすすめNEW魚図鑑。 | トップページ | Nautilus430EX/EXⅡニュータイプ完成。 »

2008年10月 6日 (月)

Nautilus コマンドダイヤル改良例。

5d
前面のダイヤルを背面に移動してみたところ、操作性UP。改造費用15,000円~。


ここ3年ほどNautilus 5Dで水中写真を撮っていますが、どうしても使いづらい箇所があります。前面に取り付けてあるコマンドダイヤルです。
シャッターの前に付いているので、どうしても指が届かない。レバーを付けてみたり、ノブを大きくしてみたりといろいろ試してはみました。けれど、どうもうまくいかない。

そこで考え方を変え、背面に取り付けてみてはという案が浮上してきました。早速改造してみたところ、とても操作しやすい。ただ、後ろ蓋(リアボディ)にとても長~い突起物が付いてしまい、セッティングがしづらい点がウイークポイント。いいことばかりではありませんが、操作にご不満のある方はお試しあれ。
改良は随時受け付けております。

●text by 千々松政昭

|

« おすすめNEW魚図鑑。 | トップページ | Nautilus430EX/EXⅡニュータイプ完成。 »

コメント

5D使われているんですね。後から改造できるのはいいですね。ちなにみストロボは何を使ってらっしゃるんでしょうか。

投稿: たかし | 2008年10月 7日 (火) 00時19分

ご連絡ありがとうございます。
ストロボは430EXをNautilusのハウジングに入れてサブストロボにZ240を光ケーブルで接続して使用しています。
純正ストロボはTTLの精度もよくリサイクルが早いので便利です。
後幕シンクロやハイスピードシンクロなどの機能を使用できるのも魅力です。

投稿: 千々松 | 2008年10月 7日 (火) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おすすめNEW魚図鑑。 | トップページ | Nautilus430EX/EXⅡニュータイプ完成。 »