« EOS5D MarkⅡ試用レポート。 | トップページ | 今年も出ます!~マリンダイビングフェア »

2009年2月 7日 (土)

こんなに綺麗!~コンパクトの実力。

Photo
コンパクトカメラでも、捕食中のアオリイカをバッチリ撮影。●撮影(水中2点とも)/LUMIX TZ5 S-2000 通常撮影水中撮影モード EV-0.3  東伊豆・富戸

最近はよくコンパクトカメラで撮影をしています。

理由はいろいろいあります。
その一つに、コンパクトカメラで水中写真を楽しんでいる多くの写真ビギナーの皆さんに、もっと写真の深さや素晴らしさ、撮影する歓びを伝えたいということが挙げられます。自分も同じコンパクトカメラを使っていれば皆さんの悩みもよくわかるし、よりよく撮れる技やコツをわかりやすく伝授できるようになると思い、取り組んでいるわけです。

これもコンパクト撮影のアイゴ。※クリックで拡大。
Photo_4 

それに、コンパクトカメラの特長である「手軽さ」は、ふだん一眼レフカメラを使用している私にも大きな魅力です。また、今のコンパクトカメラの性能の向上には目を見張るものがあり、とても安い機種でも素晴らしい写真が撮れます。

例えば、私がいまメインに使用しているコンパクトカメラはLUMIX DMC-LX3LUMIX DMC-TZ5です。LX3は何度かこのブログに登場したので、今回はTZ5を紹介します。
TZ5の大きな魅力は、ズーム機能が充実していること。遠くのものを大きく撮影できますが、残念ながら水中では使えません。しかし、このカメラには水中モードが付加されており、水中写真が手軽にきれいに撮れる機能があります。安価な純正ハウジングも販売されているので、写真ビギナーが手を出しやすい機種でしょう。

                                 TZ-5(上)と後継機種TZ7(下)。※クリックで拡大
Tz5tz7_3
さらに最近、このカメラの後継機DMC-TZ7が発表になりました。ハウジングも同時に発売となるので、これから購入を検討されている方にはこちらのほうがお勧めです。今度のTZ7には、なんとハイビジョン撮影の機能が付き、コンパクトカメラで高画質の動画が撮影できてしまうのです。
そして、このカメラのハウジングには外付けストロボが簡単に装着でき、INONの光ケーブルが改造不要でそのまま付けられます。またスライドシューもあり、大掛かりなアームを使用することなくコンパクトに外付けストロボが取り付け可能。なんかもう一眼レフ顔負けですね。

さあ、あなたもこのTZ7を手に入れ、楽しい水中撮影を!

●photo & text by 千々松政昭

|

« EOS5D MarkⅡ試用レポート。 | トップページ | 今年も出ます!~マリンダイビングフェア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EOS5D MarkⅡ試用レポート。 | トップページ | 今年も出ます!~マリンダイビングフェア »