« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月28日 (土)

シンクロコードGNが生産終了。

Photo_5 シンクロコードGN。
E-TTL対応キヤノン純正スピードライトと、キヤノン用デジタル一眼レフハウジングを接続するときに使用。6ピンタイプ。

Nautilus 5DとNautilus430EXというハウジング&ストロボの組み合わせで撮影しているお客様にお知らせです。
シーアンドシーのシンクロコードGNが生産を終了することになりました。万が一の水没や断線に備えて、スペアのご購入をお勧めします。メーカー在庫は弊社ですべて仕入れましたので今は在庫が豊富ですが、年内には完売するのではないかと思われます。

ご希望の方はお早めにご連絡ください。

●text by 千々松政昭

| | コメント (0)

2009年3月21日 (土)

マクロもOK!~TZ7使用レポート

Photo
ヤギの上をチョコマカと動き回る赤いチェックがキュートなクダゴンベ。普通に考えれば、一眼レフカメラ+マクロレンズを使わなければ撮れない被写体。でも、コンパクトカメラでも撮れるんです! ●撮影/パナソニックTZ7+UCL330 S-2000 通常撮影モード EV-1/3 カパライ・マレーシア



今回紹介するカメラ、パナソニックTZ7は最新のコンパクトカメラです。特筆すべき特徴は、充実したズーム機能。でも、多くのカメラマンも同感と思いますが、水中でズームできてもなぁ……。というのも、確かに今のコンパクトカメラにはマクロ機能が付いていますが、問題はその撮影距離です。レンズ面から1センチほどで「マクロが撮れる」と言われても、動き回る魚をどうやって撮るの? 水中ではほとんど使いものになりません。

しかし、INONのUCL330を装着することで、十分な撮影距離をとることが可能となります。コンパクトカメラであるTZ7による超マクロ撮影が実現するのです! 信じられないという方は、上のクダゴンベをご覧ください。
とりあえず今回はUCL330は1枚だけでしたが、最大3枚まで装着可能だそうです(ただ、あくまでも理論上でのお話。試してはいませんので予めご了承ください)。

また、このカメラは動画機能がすごい。
従来はのコンパクトカメラは、モード切替を動画にしてから撮影開始となりましたが、TZ7はワンプッシュで即座に動画OKとなります。静止画を撮影中、「あっ、これは動画のほうがいい」と思った瞬間から動画に変更できてしまうのです。

※クリックで拡大
パナソニックTZ7+ハウジングに、
UCL330と FIX LED1000DX を装着

Tz7ucl330fix_led1000dxTZ7には高性能な小型のライトでの撮影もお勧め。FIX LED1000DXがいいかな。少々残念なのは、そのままではクローズアップレンズが取り付けられない点。写真左のようなセットにするか、自分で改造するしかありません。

弊社では水中撮影機材の改造もいろいろ受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

●photo & text by 千々松政昭

| | コメント (0)

2009年3月15日 (日)

2009年春、エスからテールへ!

Photo_3
撮影地はもちろん、東伊豆・富戸! 


数ある日本のダイビングエリアの中でも、トップクラスの人気と実力を誇る東伊豆・富戸。その富戸で2003年5月から活動していたテールの姉妹店ダイブチームエスが、この春からテール富戸店にリニューアルいたします。

東伊豆・富戸と横浜、2つのテールが提案するダイビングのテーマは、海の中あるいは海辺周辺だけのことではなく、アフターダイビングも含めたトータルサービスの向上です。「海に潜って、ログブックを書いてオシマイ」なんてつまらない、味も素っ気もありません。お客様の大切な休日を有意義に過ごしてお帰り頂けるよう、海中のガイドだけではなくダイビングの合間やアフターダイブのイベントなど、テールのスタッフがコーディネートいたします。
それに伴い料金システムやスタッフの勤務体制が大きく変わり、今以上にお客様のご要望にお応えしやすい態勢となると思います。

テール富戸店のポイント
①強力なトロイカ体制
ガイドするスタッフは、写真や生物にめっぽう強い千々松、いつもニコニコきめ細かいガイドの荒井、沖縄でのガイド経験を生かした若手の高橋、以上の3名体制となります。従来とは一味違ったダイビング、そしてアフターダイビングにも力を入れたサービスをご提供します。

②料金の大幅値下げ!
金融不安や不景気でお金を節約したい時代。それに合わせ、料金を改定いたしました。思いっきりダイビングをお楽しみください。
【東伊豆】
●富戸、伊豆海洋公園、八幡野 2ダイブ12,000円(ガイド付き)
●伊豆海洋公園、八幡野 3ダイブ17,000円(ガイド付き)
                            2ダイブ 7,900円(ガイドなし※)
●富戸 2ダイブ5,500円(ガイドなし※)
※ガイドなし 事前に当店でチェックさせていただき、ダイビングスキルに問題のない技術をお持ちのお客様に限定させていただきます。また、バディ同伴でお申し込みください。
●リニューアル記念・特別プラン
富戸、伊豆海洋公園(6月末日まで)
ガイド付き2ダイブ12,000円→10,000円にプライスダウン! もちろん下記宿泊代無料プランもご利用いただけます。テール未体験の皆様、この機会にぜひお試しください。
【西伊豆】
●安良里 12,000円(ビーチ)
●大瀬崎 12,000円
●田子  13,000円(内海) 15,000円(外海)

③宿泊代フリー
2ダイブしていただいたお客様は宿泊代が無料!
2日間4ダイブのお客様は2泊の宿泊代が無料!
※最大8名様までの限定プラン。クラブハウスが満員になり次第、ご利用いただけない場合があります。

④レンタル料がお得
BC&レギュレーター 1,500円!
フルセット 3,000円!(BC、レギュレーター、ウエットスーツ、3点セット)
ドライスーツ 500円!

⑤最新カメラハウジング無料レンタル
弊社オリジナルのNautilusやNautilusNEOkらコンパクトデジカメまで、何度でも無料レンタル可能です。これからカメラを始めたい方、何を買おうか迷っている方、水中写真を始めたいけどお金が……という方にオススメです。

⑥フォトセミナー常時開催
フォトセミナー15,000円(2ダイブ付き)
カメラ派のお客様向けに、水中写真の楽しさをお伝えするコース。通常のダイビングと一緒に潜りますが、海に入る前後に撮影のレクチャーをいたします。

⑦ベストの海へGO!
伊豆半島には、東に西に南に多くのダイビングスポットがあります。風や波はもちろん、透明度や魚影の濃さなど水中の状況を鑑みて、その日で一番いい条件のいいスポットに出かけます。
従来のように、富戸一辺倒のガイドから脱却します。

⑧交通費節約を応援
週1便、スタッフが横浜~富戸を往復します。その際に同乗いただければ送迎は無料。
※不定期便ですので、事前にお問い合わせください。

⑨ダイビングスクールが安い
NAUIダイビングスクールがフルレンタル付き、教材費込でなんと38,000円!(スクール期間は3日間、随時開催) また、テールをご利用のお客様のご紹介の場合、さらにプライスダウンで31,500円!

【ご注意】
※これまでのポイントカードは継続してご利用いただけます。
※上記金額はすべて税抜き価格。
※西伊豆の最低催行人数2名様より。
※当日1名様しか参加者がいらっしゃらない場合は中止、またはプラス30%で催行いたします。

もうすぐダイビングのオンシーズン!
より皆様に愛されるテールになれるよう、スタッフ一同頑張ってまいります。今後のテール富戸店にご期待ください。

●photo & text by 千々松政昭

| | コメント (3)

2009年3月 6日 (金)

INONから新発売「メガフロート」

Photo_3                     INONのフロートアーム。
                           詳細はこちら



INONから新商品のメガフロートが発売になりました。フロートアームシステムのひとつで、アームに空洞をつくって浮力を持たせ、ハウジングの水中重量を軽くするというアイテムです。

アルミ製の金属ハウジングは頑丈というメリットはありますが、その反面水中重量がかさみ、片手での撮影は困難です。カメラマンはそれぞれに魚網に取り付けるウキを付けたり、ウエットスーツの生地を巻いてみたりと涙ぐましい工夫と努力を重ねてきましたが、このアームの出現によりそんな苦労から解消されそうです。何より余計なものを付加する必要がなく、見た目もスマートです。

しかし、そもそもどうしてこのような商品が必要なのでしょう。
「ハウジングを製作する段階で水中重量を計算して作ればいいじゃないか」……と、そう言われれば確かにその通りなんですが、被写体によって撮影スタイルによってお客様のご要望もさまざまです。水中重量だけに絞って製作するわけにもいきません。

また、セールストークで「小型軽量」をうたったハウジングも数多くあります。しかし、それは陸上でのお話。裏を返せば、小型になっているため内部の空間が少なく、当然水中重量はかさみます。それにアームやストロボが加わればさらに重くなってしまいます。
本来、ハウジングとは水中で使用するもの。陸上での運搬や取り扱いの利便性に主眼に置かれるのはちょっとナンセンスな気がします。弊社でもハウジングの設計製造をおこなっていますが、この点に着目。あくまで、ハウジングの水中バランスに重点を置き製作しています。確かに若干は大きくなりますが、何も倍のサイズになるわけじゃありません。結局フロートを付けることにより大きくなるのでしたら同じような……。

ともあれ、このINONのフロートアームは斬新なアイデア商品です。撮影中の機材の重さに悩んでいる方は、試してみてはどうでしょう。

●text by 千々松政昭

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »