« 2009年春、エスからテールへ! | トップページ | シンクロコードGNが生産終了。 »

2009年3月21日 (土)

マクロもOK!~TZ7使用レポート

Photo
ヤギの上をチョコマカと動き回る赤いチェックがキュートなクダゴンベ。普通に考えれば、一眼レフカメラ+マクロレンズを使わなければ撮れない被写体。でも、コンパクトカメラでも撮れるんです! ●撮影/パナソニックTZ7+UCL330 S-2000 通常撮影モード EV-1/3 カパライ・マレーシア



今回紹介するカメラ、パナソニックTZ7は最新のコンパクトカメラです。特筆すべき特徴は、充実したズーム機能。でも、多くのカメラマンも同感と思いますが、水中でズームできてもなぁ……。というのも、確かに今のコンパクトカメラにはマクロ機能が付いていますが、問題はその撮影距離です。レンズ面から1センチほどで「マクロが撮れる」と言われても、動き回る魚をどうやって撮るの? 水中ではほとんど使いものになりません。

しかし、INONのUCL330を装着することで、十分な撮影距離をとることが可能となります。コンパクトカメラであるTZ7による超マクロ撮影が実現するのです! 信じられないという方は、上のクダゴンベをご覧ください。
とりあえず今回はUCL330は1枚だけでしたが、最大3枚まで装着可能だそうです(ただ、あくまでも理論上でのお話。試してはいませんので予めご了承ください)。

また、このカメラは動画機能がすごい。
従来はのコンパクトカメラは、モード切替を動画にしてから撮影開始となりましたが、TZ7はワンプッシュで即座に動画OKとなります。静止画を撮影中、「あっ、これは動画のほうがいい」と思った瞬間から動画に変更できてしまうのです。

※クリックで拡大
パナソニックTZ7+ハウジングに、
UCL330と FIX LED1000DX を装着

Tz7ucl330fix_led1000dxTZ7には高性能な小型のライトでの撮影もお勧め。FIX LED1000DXがいいかな。少々残念なのは、そのままではクローズアップレンズが取り付けられない点。写真左のようなセットにするか、自分で改造するしかありません。

弊社では水中撮影機材の改造もいろいろ受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

●photo & text by 千々松政昭

|

« 2009年春、エスからテールへ! | トップページ | シンクロコードGNが生産終了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009年春、エスからテールへ! | トップページ | シンクロコードGNが生産終了。 »