« CanonEOS7D試用レポート。 | トップページ | Nautilus GF1試用レポート2。 »

2009年10月30日 (金)

Nautilus GF1試用レポート1。

Photo
明るい水面をバックにスズメダイの群れを撮ってみた。●撮影/パナソニックGF1 7~14mmズーム S2000×2灯 絞り優先オート(f8) 東伊豆・富戸


Gf1NautilusGF1:幅150mm×高さ140mm×奥行き130mm とコンパクト、重さ1500gと軽量、価格128,000円とリーズナブル。

完成したばかりの水中ハウジング、Nautilus GF1。さっそく富戸の海に連れ出して、テスト撮影をしてきました。

中身のパナソニック LUMIX GF1の特徴は何といってもそのサイズ。世界最小・最軽量とメーカーが謳うだけあり、とにかく小さい。この特長を生かし、「ハウジングも超小型に」と当初は考えました。けれど、そうすると水中重量が重くなりすぎます。
そこで、女性でも片手で持てる大きさを維持しながら、ある程度の浮力を得られる大きさに仕上げました。その結果、水中ではとてもバランスのいい重量に仕上がりました。

さて、今回のNautilus GF1テスト撮影で使用した機材は次のとおり。
・ストロボ: S2000を2灯
・ポート: INONドームポート、オリジナルのコンパクトドームポート
・レンズ: 7~14mmズーム

オリジナルドームポートでは、いい結果が得られませんでした。被写体が1メートルほど離れている場合は問題ないのですが、最短撮影に近づけば近づくほどゴーストが発生。このセットでの使用はできないものと判断しました。
INONドームポートでの使用は問題なく、良好な結果が得られました。ただ、問題は大きさ。せっかくハウジングが小さいのに、ポートが通常の大きさなのでアンバランス。ポートが妙に大きく見えてしまうのです。今後、他社メーカーのコンパクトなドームポートもテストする必要があるかもしれません。

写真の雰囲気はパナソニックG1やGH1ととてもよく似ています。レンズの切れがよく、「コンパクトだけれど高画質」を求めるユーザーにお勧めです。オートフォーカスの性能やシャッタータイムラグも他社メーカーと遜色なく、コンパクトデジカメによくあるストレスは感じないと思います。

そうそう、今回は液晶部分を囲むフードをハウジングに取り付けました。そのおかげで撮影時の液晶画像の確認が大変見やすい。効果絶大でした。

思いつくままに使用感を書いてみましたが、そのほか知りたい結果やニュアンスがあればお気軽にお問い合わせください。もちろん、注文は随時受付中。ご連絡を心よりお待ちしております。

●photo & text by 千々松政昭

|

« CanonEOS7D試用レポート。 | トップページ | Nautilus GF1試用レポート2。 »

コメント

初めてコメントさせていただきます。

GF1用のハウジング、まさに待っていました!
マイクロフォーサーズ規格が発表された時、これほど水中デジカメ向けの規格はないと小躍りしたものの手ごろなハウジングが一向に出回らず、本来得意分野であるはずのOLYMPUSもがE-P1用ハウジングを出さないと知って落胆しておりました。
今回のGF1・7-14mmの組み合わせも、まさに自分がやってみたいモノでしたので、この使用レポートには興味津々です。
続編も期待していますので、どうぞよろしくお願いいたします。

P.S. : 実は自分、遠い昔?の大学時代にCカードとる時お世話になった者です。未だに古いカードのままなので千々松さんのサインが残っていますよ。

投稿: yonhongi | 2009年11月25日 (水) 21時59分

コメントありがとうございます。
このカメラは水中撮影のために生まれてきたようなカメラだと私も思います。
これまでの大きなハウジングに比べると格段に小さくそれでいて超ワイド撮影が気軽に楽しめます。
レンズの画質も申し分なくお勧めです。
是非ご購入のご検討ください。
またお店に遊びにいらしてください。
ご来店お待ちしております。

投稿: 千々松政昭 | 2009年11月28日 (土) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CanonEOS7D試用レポート。 | トップページ | Nautilus GF1試用レポート2。 »