« APS-CタイプのカメラにEF14mmL。 | トップページ | ガラス製ポートの傷、諦めないで。 »

2009年11月10日 (火)

ライカのマクロレンズ、LUMIXに新登場!

45mmf28
パナソニックからLEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S. 新発売!

待望の、といった感じです。
適合カメラは先日発売になったLUMIX GF-1やGH-1/G1など。これまで、これらに適合するマクロレンズがないことが理由でカメラの購入を躊躇されていた方には、特に朗報です。特筆すべきは、このレンズがライカブランドということ。ライカといえば歴史あるレンズメーカー、ドイツ魂でつくられる精緻なレンズは写真を志すものなら一度は手に入れたいレンズのはずです。

また、マイクロフォーサーズシステム規格のため小型・軽量。GF-1やGH-1/G1との組み合わせで、素晴らしい映像が撮れること間違いなし。すでにハウジングを持っている方には、セカンドカメラとして十二分に能力を発揮してくれるでしょう。何しろ高性能のうえ、BCなどにぶら下げておけるサイズなのですから。
メインのハウジングでワイド撮影、GF-1+45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.でマクロ撮影、なんて贅沢な機材セットでしょう。レンズ交換のできない水中では、とても心強くもありがたい存在になりそうです。

●text by 千々松政昭

|

« APS-CタイプのカメラにEF14mmL。 | トップページ | ガラス製ポートの傷、諦めないで。 »

コメント

>これらに適合するマクロレンズがない
ダウト。
マイクロフォーサーズ規格のマクロレンズとしては初ですが、フォーサーズアダプタなどのマウントアダプタを使用すれば、適合するマクロレンズは多数あります。

ただし、オートフォーカスが効く、手ブレ補正内蔵(GF1に対して有効)の2点は、推すべき理由となります。

また、ライカブランドというのも、「ライカカメラ社の品質基準に基づき、ライカカメラ社が認定した測定機器と品質保証システムによってPanasonicが生産」しているワケで、ライカが製造しているわけではありません。
実際のところ、海外の評価サイトなどでは「良いレンズだが、LEICAの名を冠するには今一歩。価格相応の性能ではない」との評価が出ています。

投稿: えまのん | 2009年11月11日 (水) 17時25分

コメントありがとうございます。
この度は皆様を混乱させるような記述にしてしまい申し訳ありません。
ルミックスのレンズが国内生産であることは存じ上げていますしパナソニックさんもそのことはオープンにしています。
レンズの性能に賛否両論あるのも存じ上げています。
大きさや重さを無視すればパナソニックさんでももっと性能のいいレンズを作る事は可能でしょう。
しかしユーザーによっては性能より大きさや重さを重視されるお年寄りや女性もいらっしゃいます。
そういったユーザーにも応える上では仕方ないのではないでしょうか。

またアダプターを使用すれば他社レンズが使用できることも存じ上げています。
しかし全ての機能が使用できないのであれば使用できないのと同じと考えます。
それにカメラ本体が小型なのでその機能を生かすには今回発売されたレンズの大きさでないと意味がありません。

投稿: 千々松政昭 | 2009年11月13日 (金) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« APS-CタイプのカメラにEF14mmL。 | トップページ | ガラス製ポートの傷、諦めないで。 »