« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月22日 (火)

新兵器登場!~Nautilus 製作工場便り

Photo

アクリルハウジングでお馴染みのテールオリジナルハウジングNautilus、その制作工場に「新兵器」を導入しました。小型の旋盤です。
旋盤とは、金属部品を回転させながら切削する機械。プッシュボタンや操作シャフトなど、主に小さな部品を製作するために使用されます。今回導入した機種は大量生産には向きませんが、小回りがききます。

1個あるいは数個といった単位のパーツ製造は外注での対応が難しく、今までは既存パーツの流用を余儀なくされていました。でも、この「新兵器」があれば、必要に応じて少数のパーツを製作、加工することができます。「どんなカメラにも対応する」がモットーのNautilusハウジングの製作には、今度の「新兵器」は大活躍することでしょう。

これからも皆様から支持される低価格なハウジングを製作を目指し努力して参ります。今後のNautilusにご期待ください。

●text by 千々松政昭

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

Nautilus RED~業務用カメラハウジング完成。

Photo_4

「大至急お願い!」というタイのお客様からのご依頼で、ここ2週間ほどビデオカメラハウジングを製作しておりました。連日連夜の早出残業、なんとかかんとか納期に間に合うよう完成させました。というわけで、さっそく紹介。

中身はREDカメラという、アメリカ製の業務用カメラです。ハイスピード撮影ができるらしく(ごめんなさい、ビデオカメラには疎くて)、秒間コマ数が非常に多く、スローモーションのような再生が可能という大変高価な機材。
前面が40ミリ、背面30ミリ、側面は25ミリという分厚いアクリルを材料として使い、さらに耐圧性能を向上させるため随所に補強を施しました。カメラと一緒にバッテリーや記憶装置もハウジング内部に入れるのですが、これが大変嵩(かさ)がはり、全体の大きさが超ビッグとなるのは必至。完成はしたものの、こんな巨大ハウジング、とてもじゃないが耐圧試験機には入らない。東伊豆・富戸の海まで行って、実際に潜ってテストしてきましたよ。

いろいろ大変だったけれど、
新たな発見や新しい技術を確立できたりと、有意義で楽しい2週間でした。
でも、疲れた~!
「もう一台作って」と打診がきているけど、お願いだからもう少し納期をください。

●text by 千々松政昭

| | コメント (0)

2009年12月15日 (火)

430EXとINONストロボの組み合わせ~原因と対策

前回のブログで報告いたしましたように、430EXとZ240タイプ4の組み合わせによるストロボセットでは、TTL発光が不安定となり使用できないことが判明しております。この場をお借りして、あらためてお詫び申し上げます。

INONさんからの情報によると、不具合の原因として次のことが考えられるようです。
Canonの純正ストロボは、本発光の前に10回程度のプリ発光があり、機能が向上し高感度の光センサーをもつタイプ4では、そのプリ発光をすべて感知してしまう。そのため、本発光に達する前にストロボ内に蓄えた電気を使い尽くして本発光に至らない、あるいは正確なプリ発光ができずTTLを制御できない。今回のトラブルは、これが原因であることが判明しました。
タイプ4以前の従来の機種では光センサーの感度が低いため、正確ではないにせよTTL制御に近い発光となっていたようです。

原因がわかれば、対策もたてられます。
たとえば、小さく切ったクリアフォトフィルムを光Dケーブルの接続ソケットの内部に入れ、センサーの反応を強制的に落とすことにより、これまで同様のTTL制御が可能となります。ただし、開放値や最大絞り値付近の撮影では精度が落ち、オーバーやアンダーになるなどの現象が生じるため、手動介入が必要となります。また、純正ストロボ1灯の撮影に比べるとやはり精度が劣ります。その点を事前にご了承のうえご、ご使用いただくようお願いいたします。                             ※クリックで拡大。
270ex_2
先日、実際に270EXと240の組み合わせ(写真右)でテストしてきました。多少正確さに欠けるものの、ある程度TTL制御はできているようで良好な結果が得られました。
具体的には、270EXの発光面をゴムで完全にカバーして小さな穴を開け、そこにクリアフォトフィルムを張って270EXを発光するためのトリガーとしました。こうすることで、左右同じストロボが使用できるため余計な気をつかわずにすみ、またバランスもよく見苦しい影が出ません。ただ、上部の出っ張りは気になる存在。もう少し小型化したいところですが、これ以上はかなり難しいでしょう。

このストロボセットについては引き続きテストや試作を重ね、適宜ご報告いたします。

●text by 千々松政昭

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

430EXとINONストロボの組み合わせについて。

先日、「TTL撮影がうまくいかない」とのお話を、430EXとZ240タイプ4 をご使用のお客様からいただきました。調査した結果、確かに発光が不安定となり、使用できないことが判明いたしました。

私どもの調査不足で同セットを販売してしまったこと、お客様には多大なご迷惑をおかけしてしまっこと、この場をお借りしまして深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。

また、タイプ1、2、3に関しましては、完璧ではなにいせよTTL撮影が可能です。しかし、D2000タイプ4・Z240タイプ4・S2000と430EX・580EX・220EX・270EXとの組み合わせではTTL撮影ができません。

原因は現在調査中です。詳細がわかり次第、ご報告いたします。

●text by 千々松政昭

| | コメント (0)

2009年12月 4日 (金)

ピナクルフュージョン大特価!

Photoテールお勧めのウエットスーツ、ピナクルフュージョン。ウインターセール価格9,800円。※数・サイズに限りがあります。在庫品限りのセールのためお取り寄せはできません。予めご了承ください。


ウインターセール第1弾!
まずはウエットスーツ。ピナクルフュージョンを大特価で販売いたします。

ピナクルフュージョンは、生地に天然のメリノウールを使用しています。メリノウールとは、ニュージーランドの厳しい風土の中、ごく限られた地域でしか生産されない希少なもの。弾力性・ストレッチ性に優れ、ウール独特のチクチクした肌触りもありません。さらに生地内部に特殊加工を施し、耐保温性に優れ、においが出にくいという特長を持たせています。

動きやすさ、使いやすさを重視し、ボディなど主な部分はは5ミリ素材ですが、可動部分の多い手足では部分的に4ミリ生地を使用するというこだわり。また背中のファスナー内部には10ミリという分厚い生地が張ってあり、タンクを背負ったときの衝撃や圧迫感を抑える構造になっています。首の部分はセミドライスーツと同じ折り返し構造で、外部からの水の浸入を極限まで防ぐことができます。

しばしば「安かろう悪かろう」などと言われますが、ピナクルにはまったく当てはまりません。高機能であるのに格安価格を設定できるのは、人件費を抑えられる海外で一括生産されているためです。

この格安スーツ、さらにお求めやすくなって大放出! この機会にぜひどうぞ。

DIVE SHOP TAIL telephone0120-037276 mailtodive-tail@nifty.com

●text by 千々松政昭

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »