« LumixGシリーズ待望のマクロ、H-ES045使用レポート | トップページ | 今こそ水中写真!~マイクロフォーサーズの魅力 »

2010年2月27日 (土)

アテナに注目!~オリンパスPEN用ハウジング新発売

Olympusep1
オリンパスPEN 用の水中ハウジング、AthenaE-P1。まさに手のひらサイズ。


昨年発売されたオリンパスのマイクロ一眼、PEN EP-1EP-2
カメラ雑誌の誌面でも何度か取り上げられ、カメラ好きが気になっている機種でしょう。話題となった理由のひとつは風貌、フィルムカメラ時代に一世を風靡した機種の復刻版的デザインなのです。レトロ感が懐かしくも、どこか斬新な外観。もちろん、時代を反映してサイズは大変コンパクト。パナソニックのLumixG-1・GH-1・GF-1と同じマイクロフォーサーズ規格です。交換レンズも豊富で、ワイドからマクロまで揃っています。

このオリンパスPEN 用の水中ハウジング、AthenaE-P1がアテナ工央から新発売になりました。第一印象は強靭な作り、それでいてコンパクト。大げさに言えば大型の一眼レフサイズと変わらないくらい。これなら海外に出かけることの多いダイバーや女性、体力のない方でも扱いやすいと思います。操作系もコンパクト設計で、手の小さな女性でも片手で扱えるサイズ。デザインも洗練されていて、機能美を重視するユーザも納得のいくものでしょう。

また、このハウジングの魅力はいろいろタイプが選べること。
例えば、ボディにはアルミの削り出しと樹脂の削り出しの2タイプがあります。どちらにもメリットはありますが、個人的には樹脂タイプがお勧め。耐水深は40メートルで制限されるけれど、水中重量や扱いやすさを考慮すればこのスペックで十分と考えます。
ストロボ接続は二コノスソケットとオリンパスソケットから好きなほうを選べます。もちろん両タイプともにTTL撮影が可能。特筆すべきは変換回路が内蔵されている点で、おかげで従来のストロボでもTTLが使用できるのです。このあたりも大きな魅力、導入の後押しをしてくれますね。

ポートはオリンパスマウントと新開発のMマウントの2種類から選択可能。オリンパスマウントのポートを所有しているユーザはそのまま使用できます。
Mマウントはマイクロフォーサーズ専用の設計で、ポートの直径はオリンパス製と変わらないのですが、フランジバック(カメラのレンズ取り付け面からポートのガラス面までの距離)が短くできることがメリット。ハウジング全体がダウンサイジングするので、Mマウントのほうがお勧めと言えそうです。しかし、開発中のポートも多く、まだワイドでの使用しかできません。ライカマクロ45を水中に持ち込むのは、まだ少し先となりそうです。

なにはともあれ今年最大のお勧め商品。
ぜひ自分自身の目でお確かめください。テールでは皆様に手にとっていただけるよう店頭に在庫を常備、ご来店をスタッフ一同お待ちしております。

また、アテナ工央はいろいろな水中撮影機材を製作・販売しています。
興味のある方はコチラへ。

●text by 千々松政昭

|

« LumixGシリーズ待望のマクロ、H-ES045使用レポート | トップページ | 今こそ水中写真!~マイクロフォーサーズの魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LumixGシリーズ待望のマクロ、H-ES045使用レポート | トップページ | 今こそ水中写真!~マイクロフォーサーズの魅力 »