« アテナに注目!~オリンパスPEN用ハウジング新発売 | トップページ | 春のワクワク~新機種ぞくぞく登場。 »

2010年3月 6日 (土)

今こそ水中写真!~マイクロフォーサーズの魅力

                          NautilusGF1 テールのオリジナル水中ハウジング。
                                         適合機種はパナソニックLUMIX GF1。Nautilusgf1


いい撮影機材を使えば、そのぶん自動的にいい写真が撮れるもの。だから、せっかく海中世界を撮るならば、コンパクトカメラではなく一眼レフカメラでチャレンジしたい。でも、水中ハウジングって何だか大きいし、えらく重そうだ。おまけに、ストロボやらアームやらがくっついていて、まるでタカアシガニみたい。あれを持って海に入るのは正直面倒だなぁ……。

……という理由から、
今一歩のところで水中写真に踏み込めないダイバーも多いことでしょう。

確かに今までの一眼レフだと、カメラ本体にある程度の嵩(かさ)があり、ハウジングも大きくなってしまいました。でも、最近話題のマイクロフォーサーズシステム規格を採用した機種は驚くほどコンパクト。例えば、オリンパスPENパナソニックのGH-1、GF-1などですね。その理由は、センサーの大きさと機構の違いにあります。

まず、フルサイズと呼ばれるフィルムの一コマと同じ大きさの場合、従来機種に比べるとセンサーは半分。つまり1/2。さらに機構も改良されています。従来の一眼レフカメラは、レンズから入った光(すなわち画像)をミラーやプリズムでファインダーと呼ばれる「のぞき窓」に投影、それを見ながら撮影するという機構になっていました。ところが、マイクロフォーサーズの機種ではそれらをごっそり排除可能、直接センサーに投影して画像を液晶に映し出すことができます。このミラーレス構造のため重量は格段と軽くなり、また機械的な仕組みを省けるお陰で構造がシンプルとなり小型化が促進、同時に故障しにくいといったメリットもあります。

カメラ本体が小さくなれば、当然ハウジングも小型化できます。もちろん、重量も抑えられます。これは素晴らしいことで、特異体力のない女性やシニアダイバーには朗報でしょう。また、しばしば“タカアシガニ”と揶揄される嵩張る水中ストロボシステムも、近年小型化されたINONのS2000と組み合わせれば驚くほどコンパクト。まさに鬼に金棒です。

いままで躊躇していたみなさん、今年こそ本格的に水中写真にチャレンジするチャンスですよ。テールではオリジナルハウジングNautilusはもちろん、各種メーカーのハウジングを格安で販売しております。Photo_4また、「写真のこともカメラのことが全然わからん」という方にもわかりやすく説明いたします。撮影スタイルや予算などを併せ考え、納得のいくセットをご提案いたします。遠慮なくご相談ください。
Athena E-P1 適合機種はオリンパスE-P1、E-P2。
アテナ工央の水中ハウジングで、テールには常時在庫あり。

●text by 千々松政昭

|

« アテナに注目!~オリンパスPEN用ハウジング新発売 | トップページ | 春のワクワク~新機種ぞくぞく登場。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アテナに注目!~オリンパスPEN用ハウジング新発売 | トップページ | 春のワクワク~新機種ぞくぞく登場。 »