« 今こそ水中写真!~マイクロフォーサーズの魅力 | トップページ | 春のワクワク②~中判一眼デジカメ、PENTAX 645D。 »

2010年3月12日 (金)

春のワクワク~新機種ぞくぞく登場。

弥生三月、ダイビングシーズン蠢動の時期。毎年のことながら春という季節はワクワクしてきますね。また、各カメラメーカーからは新機種が続々と発表。今週は気になる2機種を紹介いたします。
Kissx4
まず、キヤノンからはEOS KissX4が新発売となりました。画素数が1800万にアップし、個人的には興味ないのですが今はやりの動画機能が追加されています。それより気になるのは、高感度設定時の性能です。以前に比べると最近の機種は高感度に対して機能が向上しておりうれしい限りで、KissX4の常用ISO感度は最大6400というスペック。海の中ではどうしても自然光が減少するので、絞りを稼いで撮りたいときには高感度が必要不可欠。でも以前のカメラでは仕上がりのザラツキがネックでISO800くらいが限界だったのですが、最近の機種はISO1600くらいまでは常用できるといってもいいでしょう。また、KissX4は液晶の性能が向上しているとのことで、大いに期待したいところです。

G2 もうひとつはパナソニックLumixG2。最近お気に入りのマイクロフォーサーズ規格、小型軽量のカメラです。チビのくせに1210画素数もあり、機能面では「超解像技術」による新開発の画像処理エンジン「ヴィーナスエンジンHD2」を搭載。広いダイナミックレンジと豊かな階調性という特徴を有するCCDの特性と、CMOSの低消費電力性能を併せ持つ「Live MOSセンサー」との組み合わせが最適で、画質・描写力・表現力が向上しているそうです。
ただ、「タッチパネルで操作OK」というこのカメラの大きな特徴を水中に持ち込むのは大変難しい。液晶画面に触れながら操作するという機能をハウジングに取り付けると、肝心の撮影機能に支障が出るので諦めざるをえないでしょう。それでも、小型軽量という特徴は水中で最大限生かせるので、女性や体力に自信のないカメラマンにはお勧めです。

こうした新機種に限らず、従来の機種でもテールのNautilusハウジングなら水中への持ち込みは可能です。ダイビングスタイルや予算等も考慮しながら、テールではみなさんの水中撮影ライフをフォローいたします。お気軽にご相談ください。

●text by 千々松政昭

|

« 今こそ水中写真!~マイクロフォーサーズの魅力 | トップページ | 春のワクワク②~中判一眼デジカメ、PENTAX 645D。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今こそ水中写真!~マイクロフォーサーズの魅力 | トップページ | 春のワクワク②~中判一眼デジカメ、PENTAX 645D。 »