« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

Nautilusの新製品~SONY CX370V/550V 用ハウジング

Ncx370v_550v
NautilusCX370V/550V
 ●価格:98,000円(モニターオープンタイプ)●大きさ:縦200mm×200mm×高さ120mm ●重量:1500g(ただし、仕様により若干異なります)

先週、新しいNautilusハウジングを製作いたしました。
SONYのデジタルビデオカメラ“ハンディカム”、CX370VCX550V 両機種の兼用ハウジングです。無事お客様に納品いたしましたので、さっそくブログでも紹介させていただきます。
Ncx370v_550v_2
今回紹介するNautilusハウジングの適合機種、SONY CX370V/550V は、データをハードディスクに記録するタイプのカメラ。最高画質をセレクトしても、連続6時間の録画が可能というから頼もしい。そのうえ、レンズやセンサー距離に優れたカメラですから、当然ながら静止画もコンパクトカメラとは比べ物にならない高画質です。
また、最近のビデオカメラ全般に言えることですが、大変手ぶれに強い。三脚や一脚を使用できない水中撮影には、とてもうれしい機能でしょう。

最近はコンパクトカメラや携帯電話にも動画機能が付加され、その手軽さに押されてビデオカメラの勢力が弱まりつつある気配です。が、餅は餅屋、比較すれば一目瞭然。ビデオカメラで撮影した動画のほうが断然きれいで見やすいものです。

その理由は、ビデオカメラは1秒間に映し出すコマ数が圧倒的に多いから。動画はアニメのセルやパラパラ漫画と似たようなもので、そもそも静止画を連続して映し出し「動き」を表現します。コマ数が多ければ多いほどより滑らかな動きとなります。

また、コンパクトカメラはその名の通りコンパクト設計を追求しているため、レンズは小さく、レンズからセンサーまでの距離も近い。それに比べるとビデオカメラの構造は縦長で、そのぶんレンズが大きくなり、センサーまでの距離もある程度確保できます。その結果、高画質な動画が得られるのです。

大切なダイビングの思い出を最高画質で残しては如何ですか。ハウジング価格も10万を切ってリーズナブルですし、オーダーメイドのNautilusですから、お客様の目的や使い勝手に応じていろいろリクエストしていただけます。ご注文またはご質問、心よりお待ちしております。

DIVE SHOP TAIL telephone 0120-037276 mailto dive-tail@nifty.com

●text by 千々松政昭

| | コメント (0)

2010年5月21日 (金)

SonyからNEX-3、NEX-5新発売。

Nex53
ソニーからNEWタイプのカメラ(NEX-3、NEX-5)が新発売になりました。これまでのレンズ交換式カメラと異なり、光学式ファインダーが付属しません。背面の液晶画面を見ながら撮影するという、以前もブログで紹介したパナソニックGH-1やGF-1と同じタイプのカメラです。

このカメラの凄いところは、小型なボディにもかかわらず、通常の一眼レフと同サイズのセンサーを搭載している点です。大型センサーを搭載したお陰で、ボケ味やグラデーションの性能が格段に向上しました。また、ハイビジョン動画も撮影OK。より高画質な動画が手軽に撮影できるようになります。

機材の小型化は、私たち水中カメラマンにとっては常に嬉しいニュース。ハウジングに入れても、このカメラならそう大きくなることはないでしょう。特に、女性やシルバーダイバーには朗報と言えそうです。

テールのオリジナル水中ハウジングNautilusなら、カメラをお預けいただければ、すぐにでもハウジング製作が可能です。さらに、Nautlusではフランジ(ポートを取り付けるネジ部)にアテナマイクロフォーサーズ用を作製、ハウジングをより小型化することに成功いたしました。ズーム操作ギアもアテナハウジングと同じものを取り付けられるようになったので、操作性も一層向上いたしました。

「一眼レフカメラは大きくて……」と躊躇していたあなた、
今年こそカメラデビューのチャンスです。

●text by 千々松政昭

| | コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

Nautilus~サーフィン仕様が登場。

7d
ワンハンドグリップ付き、サーフィン仕様のNautilus7D。
重量2,000グラム程度、大きさ縦300mm×横180mm×奥行き140mm、価格150,000円~。

見ての通り、ユニークなNautilusハウジングが完成しました。これぞオーダーメイドであるNautilusの本領発揮、製作者として大変嬉しいのでさっそく紹介。

今回の依頼主は、サーフィン専門に撮影しているプロカメラマン。なんと「ワンハンドグリップを付けたい」とのご注文。海面が撮影の舞台となるせいか、一般の水中撮影用ハウジングからは予想もつかなかったリクエストです。しかも今回、撮影日が迫っているらしく工期はわずか1週間。メーカーとしてはやる気心をくすぐられ、早出残業の末に何とか間に合わせました。
Photo
グリップ部分にはCanon純正のリモコンを内蔵させてスペースを無駄なく利用、これを握りながらシャッターが切れるようにしてあります。また、ハウジング背面のAF-ONスイッチにレバーを取り付け、軽いタッチでフォーカス操作できるようにしました。

Nautilusでしか成し得ない技術満載のNEWハウジング、お客様にも大変ご満足いただきました。こんなふうに、テールオリジナルハウジングのNautilusは、どんな注文・特注・突貫作業にも全力でお応えします!(可能な限り) 「こんなコトできない?」「こういうのがあると便利だなぁ」というアイデアがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

皆様からの“わがまま”、心よりお待ちしております。

DIVE SHOP TAIL mobilephone 0120-037276 mailto dive-tail@nifty.com

●text by 千々松政昭

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »