« NautilusのTRY~船上から水中撮影 | トップページ | INONからGF-1用ハウジング新発売。 »

2010年7月24日 (土)

小川写真師のハウジング完成!~Nautilus for NikonD300s

Nautilusd300s
雑誌『マリンダイビング』や『マリンフォト』でお馴染みの写真師、小川 保様からご注文いただいていたハウジングが遂に完成しました。適合機種はNikonD300s。

カメラマンの仕事で使用されるハウジングですから、特に故障があってはなりません。また、一般のお客様よりハードな現場が多いでしょうし、使用頻度も大変なものです。「いろいろ考えると、Nautilusのようなアクリルハウジングは問題なのでは?」、とお思いの方も多いのではないでしょうか。

しかし、それは過去の話。
Nautilus ハウジングは、精巧に作製されたパーツを組み込み、さらに厚手のアクリルを使用することで、プロの仕事に見事に応える耐圧、耐久性があります。アクリル製でもまったく問題はありません。

また、今回は小川カメラマンから、プロならではの多くのリクエストをいただきました。

Nautilusd300s_2 まず、耐水深を60メートルにしてほしいというリクエストには、側面部分に厚さ10ミリ、蓋には13ミリというアクリルを使うことで対応。次に、操作スイッチをハウジングをホールドした状態で指が届く場所に集中させてほしいというリクエスト。これには、前面のコマンドを上部に取り付け、背面のコマンドはハウジングを握った状態でも操作しやすい位置に配置しました。また、ハウジングをホールドしやすくするため、背面の蓋の指が接する部分を削り、握りやすい厚さにしました。さらに、海外に多く出かけることを考慮してコンパクトさを追求。グリップは取りつけず、ハウジング本体にアームが取り付けられるように作製しました。

こうして、小川カメラマンとテールスタッフが協力しながら完成させた一台のNautilus。きっと、このハウジングから皆様の心に残る多くの写真が生み出されることでしょう。

自分のこだわりで製作される、世界でたった一台のハウジング。それがテールのNautilusです。「水中重量の軽いハウジングがほしい」「可能な限りコンパクトに!」「カメラの機能を全部水中で使いたい」など、どんな“わがまま”にも可能な限りお応えします。皆様からのご注文、心よりお待ちしております。

DIVE SHOP TAIL faxto 0120-037276 mailto dive-tail@nifty.com

●texty by 千々松政昭

|

« NautilusのTRY~船上から水中撮影 | トップページ | INONからGF-1用ハウジング新発売。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NautilusのTRY~船上から水中撮影 | トップページ | INONからGF-1用ハウジング新発売。 »