« LX-5ハウジング試作開始! | トップページ | LUMIX FX700のハウジング完成。 »

2010年9月25日 (土)

どんな撮影機材でも修理を承ります。

Photo
テールで修理した電源スイッチ()。修理代の目安はスイッチ1カ所5,000円。

「キヤノンの水中ハウジングを修理してもらえますか?」
先日、お客様からそう連絡がありました。

さっそく拝見させていただくと、電源スイッチが折れている。そのままでは電源が入らないばかりか、水没の危険もあります。しかし、この機種は生産を終了しています。すでに市場から商品は消え、メーカーは部品供給もしていません。でも、お客様は「このカメラが気に入っているのでどうしても使いたい」とのこと。

使い慣れた機材への愛着は、同じ撮影者として私にもよくわかります。ご依頼にお応えしてテール工場でパーツを特注制作し、修理させていただきました。半ばあきらめムードだったお客様には大変喜んでいただけましたし、お客様の愛機を復活させることができて私も嬉しいです。

同様の事例でお困りの方、または友人・知人にそういったトラブルを抱えた方がいらっしゃれば、遠慮なくお問い合わせください。「百パーセント修理できる」とは言えませんが、テールなら何とか解決できるかもしれません。

DIVE SHOP TAIL faxto 0120-037276 mailto dive-tail@nifty.com

●text by 千々松政昭

|

« LX-5ハウジング試作開始! | トップページ | LUMIX FX700のハウジング完成。 »

コメント

修理の依頼です

JUNON F4ですが、ハウジング内シンコロコードニコンSC-17のピンが引っこんでしまいTTL信号が伝わらない状態です。SC-17は持っていますので加工・修理おねがいしたいのですがいかがでしょうか

連絡お願いします

池田

投稿: 池田正樹 | 2015年9月 6日 (日) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LX-5ハウジング試作開始! | トップページ | LUMIX FX700のハウジング完成。 »