« どんな撮影機材でも修理を承ります。 | トップページ | テスト報告~ST-E2利用による2灯シンクロ »

2010年10月 1日 (金)

LUMIX FX700のハウジング完成。

Nautilus_fx700
先日、ご注文いただいたLUMIX FX700の水中ハウジングが完成し、お客様へ納品いたしました。Nautilusブランドの最新作ということで、このブログでも紹介したいと思います。FX700は「Touch Me Lumix」というキャッチのCFが流れているパナソニックのNEWコンパクトデジカメです。

今回のハウジングで特筆すべきは、頑丈なのにとても小型軽というところ。何しろ、大きさは幅130ミリ×高さ90ミリ×奥行き50ミリと大変コンパクトな仕上がりです。

Nautilus_fx700_2 操作系統にもこだわりの工夫を施しました。
例えば、シャッターボタンです。グリップを握ったとき、自然に人差し指が当たる位置にあるので、水中での操作感は抜群。実際にシャッターを切ってみるとタッチがとても軽いうえ、シャッター半押しという状態も指先によく伝わってきます。これはプッシュボタンをレバーで押し下げる方式を採用したためで、梃子(てこ)の原理で少ない力でボタンを押せるからです。ステンレスにパフ仕上げを施したレバーは、見た目にも高級感が漂います。耐久性にも優れた構造にしてあります。

前面の乳白色の板はストロボ光を拡散させるためのものです。今回のFX700用Nautilusハウジングからは、より光を拡散しやすい素材に変更いたしました。本体のストロボのみでも、水中撮影が十分可能となっています。
次に背面ですが、大型液晶画面を囲むように遮光フードを取り付け、水中での視認性を向上させています。同時に、これは背面のキズ防止にも役立ちそうです。

このように、Nautilusハウジングなら、市販のありきたりのハウジングとは一味も二味違うハウジングに仕上がげることが可能です。

世界に一台、「あなただけのこだわりハウジング」を製作してみてはいかがでしょう。今回紹介したものはLUMIX FX700用ですが、お手持ちの機種に合わせて、どんな水中ハウジングでも製作いたします。期間は約4週間、費用はコンパクトカメラの場合で98,000円です(※仕様やオプションにより金額は異なります)。

皆様からのご注文、またはご質問を心よりお待ちしております。

DIVE SHOP TAILfreedial 0120-037276 mailto dive-tail@nifty.com

●text by 千々松政昭

|

« どんな撮影機材でも修理を承ります。 | トップページ | テスト報告~ST-E2利用による2灯シンクロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どんな撮影機材でも修理を承ります。 | トップページ | テスト報告~ST-E2利用による2灯シンクロ »