« NEWマシーン導入 | トップページ | Nautilus CH-1サーフィンカメラマン仕様 »

2010年12月 4日 (土)

Nautilus GH-2完成!

Nautilusgh2

先日ブログでご紹介した気になるNEWデジカメ、パナソニックのLUMIX GH-2。さっそく専用の水中ハウジングNautilus GH-2を完成させましたので、紹介させていただきます。

Nautilus GH-2の大きさは、幅180ミリ×高さ170ミリ×奥行き110ミリ、重さは1500グラムです。数字ではわかりづらいと思いますが、実際手にとってみると「とにかく小さい」そして「軽い!」ことが実感できます。中身のカメラが小さいので当然といえば当然なのですが、中身に合わせてハウジングもギリギリまでコンパクトに、かつ陸上の使用感に限りなく近く仕上げる技術は、わがテール工房ならではと自負しております。
とにもかくにも、このサイズと重量なら女性や体力に自信のないシニアダイバーでも気軽に一眼クオリティの写真が撮れること間違いなしです。

Nautilusgh2_2水中撮影機材で気になることの1つは視認性です。Nautilus GH-2では、背面部分のファインダーに可能な限り目を近づけてのぞくことができるよう余分な出っ張りを排除し、液晶部分には遮光フードを装備しました。これにより、水中でも視認しやすくなっています

また、INONのMRSベースポートを装着可能という仕様になっています。ただ、MRS固定環はそのままでは使用できないので、テールで改造または特注が必要となります。

なお、画像の製品は本体に直接ストロボや水中ライトを2灯装着できる仕様です。ハウジング本体を握って撮影するタイプなのですが、ベースステーを装着しグリップを取り付けるタイプももちろん製作可能です。
というのも、テールのNautilusはカスタムメイドの水中ハウジング。お客様の好みや要望に合わせ、自由に仕上げられることが大きな特徴です。突拍子もないリクエストでも実現に向けて真摯に対応いたしますので、自由にご希望をお申し付けください。

世界で一台、自分好みのオリジナル仕様のハウジング。それがテールのNautilusなのです。ご注文・ご質問等は随時受け付けておりますので、まずはお電話ください。

ご連絡を心よりお待ちしております。

DIVE SHOP TAILfreedial 0120-037276 mailto dive-tail@nifty.com

●text by 千々松政昭

|

« NEWマシーン導入 | トップページ | Nautilus CH-1サーフィンカメラマン仕様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NEWマシーン導入 | トップページ | Nautilus CH-1サーフィンカメラマン仕様 »