« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月22日 (火)

Nautilus GH-2使用レポート

先日久米島でNautilusGH-2で撮影してきましたのでご紹介します。

既に発売してずいぶん時間が経過してしまいましたが(;´д`)トホホ…

まずカメラの感じから

使用感はGH-1と大きな差はありません。

ただし画像はGH-1より進化している感じがします。

一番感じるのは色の感じが変わった点です。

GH-1は色が派手で人工的に作った色の感じがしたのですが

GH-2は色の感じが自然の色に近い色に表現されています。

_1010198

ハウジングはと言いますと

NautilusGH-1よりも小型軽量にしたおかげで

水中でのとりまわしがより軽快になり

また今回他のハウジングと2台水中に持ち込み撮影したのですが

他のハウジングで撮影中にNautilusGH-2はBCにぶら下げて撮影していても

特にストレスなく撮影ができました。

_1010128

今回はテストできなかったのですが

このカメラは動画機能が充実しているので

動画撮影をメインにお考えの方にもお勧めだと思います。

殆どの一眼デジカメは動画撮影時フォーカスが手動になってしまいますが

このカメラは動画撮影時もオートフォーオスが可能なのです。

秒間のコマ数も60コマととても高精細。

一眼クオリティーの動画が手軽に撮れるカメラと言えます。

_mg_9509_3

NautilusGH-2

DIVE SHOP TAILfreedial 0120-037276 mailto dive-tail@nifty.com

info02

| | コメント (3)

私のお気に入りレギュレーター

久しぶりの更新です。

間があいてしまい申し訳ありません。

今回ご紹介の商品はレギュレーター。

ダイビングをするときに無くてはならない重要な器材の一つです。

私が長年愛用しているレギュレーターはBismのチタン製のレギュレーター

なぜこのレギュレーターを長年愛用しているかと言いますと

やはり信頼性ですかね。

仕事で潜る私にとってこの信頼性が一番重要と言えます。

長年使用していてトラブルゼロです。

信頼性にチタン製という事は関係が無いように思えますが

これが大ありなのです。

チタンという素材は水中で使用する素材としては最適な素材。

軽い・錆びない・とても頑丈と水中で使用するための素材といっても良い素材。

ですから仕事で潜水をする私にはうってつけなのです。

_mg_9569

またチタンは塩分の付着が少ないため塩分の付着によるトラブルも少ないのです。

Bismのレギュレーターの優れている点はもう一つ

カメラ派ダイバーに嬉しいセカンドステージのダブルスィーベル方式

これにより咥える力が最小限ですみ色んな方向に顔を向けても疲れ知らずです。

また排気ティーが大きいので排気した泡が顔にかかりにくいのでファインダーが

のぞきやすい点もカメラ派ダイバーにお勧めできるです。

古くなったレギュレーターをお使いの方大人のこだわり派にお勧めの逸品ですよ。

3月よりBismダイビング器材大特価販売を実施致します。

詳しくはテールホームページをご覧ください

DIVE SHOP TAILfreedial 0120-037276 mailto dive-tail@nifty.com

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »