« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月26日 (木)

_mg_9928 

Nautilus D8oo製品版完成。本日お客様へ納品です。
ゴールデンウィークに間に合って良かった。
塗装したハウジングもいですがスケルトンも良いでしょ!
なんといっても内部が見えるから操作し易い。
万が一水没しても内部が見えれば直ぐに確認できるしね。
... 今回のハウジングはなるべくコンパクトになるようグリッフを付け
本体にストロボアームが直接取り付けられるように作成。
フランジもイノン製にしハウジングの奥行きを小さくしています。
ですからマニュアルフォーカスを装着する場合はNautils工房の特注となります。もちろんM100フランジでの作成も可能です。
_mg_9936
_mg_9937

| | コメント (0)

2012年4月20日 (金)

NautilusD800

_mg_4855

NautilusD800
昨日初めてブログとFBにアップしましたが多くのお客様より反響頂きうれしいかぎりです。
本日完成したハウジングにカメラ・レンズ(AF60㎜マクロ)・ポートを装着し淡水で水中重量を測定してみました。
結果はほぼ中性浮力。若干浮き気味でした。
たぶん海水中では完全に浮く状態だと思います。
結果には大満足。
このハウジングにストロボアームを取り付けた場合(INONアームZ240装着)の水中重量は多分500グラム程度になるかと思います。
ハウジングで一番重要なのは?
デザイン?
操作性?
大きさ?
勿論大事です。
でも意外に皆さんが考慮しないのが水中重量。これがすごく大事!
長時間水中で撮影しているとハウジングが重く疲れるのです。
ハウジングが重くて巨大なフロートを付けて撮影しているダイバーを目にすることがあります。
せっかくハウジングが小型でも大きなフロートを付けていたら何の意味もないのでは?と言いたくなるシーンをよく見かけます。
Nautilusハウジングはその点を考慮して作成していますので水中重量は撮影者の疲労を軽減できます。
勿論だからといって巨大なハウジングでは意味がありません。
今回のハウジングではプリズムの両サイドに大きな空間を設けたお陰で水中バランスのいいハウジングにすることができました。
ですから全体の大きさを損なうことなく浮力を確保しています。
明日モデル撮影の仕事があるので早速テスト撮影をしてきます。こうご期待を!

_mg_4844

_mg_4843

| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

Nautilus制作工房速報(Nautilus D800)

ニコンD800用ハウジング 『 Nautilus D800 』 プロトタイプが完成しました。

早ければ今週中にフィールドテストを実施する予定です。

D800

| | コメント (0)

2012年4月 9日 (月)

中古品 SEA&SEA MDX-PRO Mark3

中古ハウジング入荷しました。

SEA&SEA MDX-PRO Mark3 です。
Canonの誇る最高峰カメラ1DsMar3用ハウジングです。
新品価格504000円
...
背面と底の部分に少し傷はありますが綺麗なハウジングで勿論水没歴はありません。
オーバーホール完了し一度も使用していません。
お買い得です!!
価格198000円(税込価格)
ポートは付属されていません。
興味のある方はお早めに。

DIVE SHOP TAIL  
dive-tail@nifty.com

| | コメント (0)

_mg_9590

 

中古ハウジング入荷致しました。
5NautilusD Mark2用ハウジングです。
Nautilus5Dから改造しMark2用にしたものです。
グリップ・マルチダイレクトベースがついて138000円
丁寧にご使用されていたので水没歴なし、傷も少ないハウジングです。
ポート・ファインダーは付属されていません。
興味のある方はお早めに。

DIVE SHOP TAIL  
dive-tail@nifty.com

| | コメント (0)

2012年4月 3日 (火)

ラゲッジチェッカー&ラゲッジチェッカープラス入荷しました!

ラゲッジチェッカー入荷しました。

この商品はハンディータイプの軽量機です。

海外ツアーや沖縄ツアーで荷物のパッキングをする際に気になる重量を手軽に計測できます。

小型・軽量タイプなので持ち運びも便利です。お帰りの際もラゲッジチェッカーで重量を確認すれば空港カウンターでのトラブルもストレスフリーですね!

ラゲッジチェッカー:\1,900

ラゲッジチェッカープラス:\1,900

*上記金額は税込現金販売価格です。

2

3

| | コメント (2)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »