« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月26日 (金)

Nautilus CX560

Img_8932

本日お客様に納品されたNautilus CX560をご紹介致します。

最近はビデオカメラハウジングのご注文がめっきり少なくなりました。

でもビデオカメラのほうが動画撮影に特化しているのやはり動画撮影には便利なんですよね。

小型軽量ズームも効くし安いのがいいですね。

コンパクトカメラ並みの価格です。

ハウジングは98000円(税別)塗装別で15000円(税別)

Img_8944

Img_8947

| | コメント (0)

2013年4月15日 (月)

撮影用ライトRGBiue新発売!!

Img_8929

撮影用ライトRGBlue新発売です。

このライトは従来のライトとは大きく違います。

それは従来のLEDライトの殆どは色温度が高く白っぽい色をしています。

しかしこのライトは色温度5000K

この色温度は自然の太陽光とほぼ同じ。

ですから従来のLEDライトで撮影すると白っぽくなったり青白い感じに写っていたと思いますがこのライトで撮影すると自然な太陽光で撮影したのと同じ感じに写ります。

照射角度は100度で一般的なストロボの照射角度とほぼ同じです。

またマクロ撮影用に集光フィルターが付属されていますから便利。

大きさは手のひらに乗るほどの大きさなのに光量は2000ルーメンあり照射時間は最大光量で連続35分。

バッテリー交換もできるので予備のバッテリーを用意すれば一日数ダイブする方には嬉しい機能。です。

最近のデジタルカメラはISO感度の性能向上で高感度撮影が容易になったのでこういった撮影用ライトの高性能化でストロボとライトを併用した撮影をする方も多くなるかも。

ダイバーの間では水中撮影=ストロボ撮影になっていますがこれは間違った認識。

むしろ撮影全般で言えば照明ライティングでの撮影の方が一般的なんです。

ライトで撮影できればストロボのチャージ待ちは必要なくなり連写撮影も可能になるし背景の陰も自然な感じになる。また色の表現も自然になるため水中撮影ではむしろライティングのほうが向いているとも言えますね。

太陽光が強い浅場ではちょっと光不足かもしれませんがケースバイケースで暗い場所ではライティング撮影、太陽光の強い浅場ではストロボ撮影と言った感じでストロボ2灯撮影用ライト2灯を装備したハウジングで撮影するダイバーがこの夏からは増えそうな予感です。

RCBLUE SYSTEM01  価格63000円

予備バッテリー  29400円

| | コメント (0)

2013年4月 2日 (火)

Nautilus D800EX オレンジ塗装

Img_4159        Nautilus D800EXオレンジ塗装

お客様T様からご注文頂いたNautilusD800EXオレンジ塗装バジョンが完成しました。

塗装する前は「えっー?オレンジですか?」と思いましたが

これが意外に合う。

このヒビットな感じがいいではないですか。

これから人気のカラーになること間違いなしです。

Img_4163

Img_4167

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »