« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

失敗しない器材選びシリーズminigorilla(充電用バッテリー)

_mg_8201

_mg_8203

失敗しない器材選びシリーズ。
今回ご紹介の商品はminigoriraという名前の商品です。
この商品は充電用のバッテリーです。
なんで?バッテリー?
私たちがダイビングに出かけるとき当然アウトドアーでのダイビングですよね。
当然屋外では充電式のライトや携帯電話などは充電できません。
そんな時この商品が役に立ちます。
お出かけ前にこのバッテリーに充電しておけばライトやスマホタブレットといったものに充電ができます。
容量は9000mAhの大容量。
スマートフォンなら2回は充電できるほどの容量です。
付属品で様々な機種に対応できるようプラグが付いていますから殆どのスマホやライトの充電が可能です。
勿論海外でも利用可能です。
※飛行機に搭乗する場合は手荷物としては持ち込めない場合がありますので事前に航空会社にお問い合わせください。

この商品はテールにて販売中です。
詳しくはテールまでお問い合わせください。

| | コメント (0)

2014年2月23日 (日)

_mg_8207

失敗しない器材選びシリーズ

今回ご紹介の商品はダイビング器材では無いのですがダイビングのお供に便利なグッズ日本の海水魚です。
この図鑑は小型なのに1246種もの魚類が掲載されている。
また成魚だけでなく幼魚から成長過程まで載っているのでダイバーにとってはありがたい存在。
海水魚の多くは成長過程で様々な形状模様に変化し成魚と幼魚では似ても似つかないものも多い。
初めてその姿を見たダイバーのほとんどが同じ魚とは認識できませんよね。
それらの成長過程が水中写真で掲載されている。
これだけの生体写真を撮影するのにどれだけの時間と手間がかかっているかと想像すると吉野雄輔氏の偉大さを改めて感じます。
この図鑑の価格3600円はとても安いです。
テールでも扱っていますので是非ご注文ください。
ログ付けのお供に最適な図鑑ですよ。

_mg_8209

| | コメント (0)

2014年2月22日 (土)

鯨撮影機材アイテム

_mg_8159_3

_mg_8216

鯨船久米島で熱い戦いが繰り広げられています。
良い写真が続々アップされる度に「行きてー」と言う気持ちがふつふつと湧き上がってきます。
ここ10年2月は必ず鯨撮影をしていたので2月に横浜で生活しているのが少し違和感があります。
しかし2月に仕事が出来るのは助かる。
何といっても2月は28日しか無いからとても忙しい。
早く仕事片付けて鯨の準備しなきゃ。

これから鯨船に乗船のゲストに今から間に合う準備をアドバイス。
最近マイブームになっているのが鯨の陸上撮影で望遠レンズでの撮影でなくワイドレンズを使用しての撮影。
俯瞰で鯨の泳ぐ姿を撮影したり撮影する人を入れて撮影したり。
少し視点を変えて撮るとまた新たな発見がある。
でも後ろのほうで撮ってると邪魔になりませんか?とかごめんなさいとよけてくれる優しいゲストが多い。
別に邪魔にもならないしむしろそこで撮影していただいたほうが私には好都合だったりするので後ろのほうで撮影していても気にしないでくださいね。
前方で撮りたい時は押しのけてでも前でとりますから。(笑い)

でも望遠レンズでもとりたい欲張りなカメラマンの場合2台もちとなる。
2台のカメラを首にかけると2台のカメラがぶつかり合って故障の原因になったりカメラが傷だらけになってしまう。
そんな時このアイテムは役に立つ。
カメラの三脚を取り付けるねじ穴に金具とフックを取り付けカメラを逆さまにぶら下げストラップを襷がけにして使用します。
肩に掛けるより楽ですよ。
是非お試しあれ。

注意ねじをしっかり締めてね。
振動や撮影で動き回ると緩んで海中にカメラがドボン!なんて事態にならないようにね。
それからカメラを不注意にぶつけて壊したり他のカメラマンにぶつけないように。

| | コメント (0)

2014年2月20日 (木)

ブリジストンブランドダイビング用品をご愛用の皆様へ

1999年3月31日まで製造していたブリジストンダイビング用品のメンテナンス等アフターサービスが2014年12月31日をもって終了となります。

Bism_3   

テールでも以前よりご案内をさせていただいたおりましたが今一度ご確認の程よろしくお願い申し上げます。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

| | コメント (0)

失敗しない器材選びシリーズ Nautilus エマージェンシーフォン

失敗しない器材選びシリーズ Nautilus エマージェンシーフォン

A73a4036


先日バリ島で痛ましい事故が発生してしまいました。

一日も早く残る一名の発見と事故に遭遇された方々の一日も早い回復をお祈りします。

ダイビングを生業としている者として今回の事故を教訓として二度とこのような事故を起こさないよう努力し安全なダイビングを努めなくてはと再認識させられました。

今回ご紹介の商品は事故直後から紹介すべきか?と思っておりましたが敢えて紹介させて頂きます。

正直こんなタイミングで商売かよ?と言われるのがちょっと怖いですが。

少しでもこの商品で今回のような事故が減ればと思い紹介させて頂きます。

手前味噌になりますがNautilusエマージェンシーフォンと言います。

ハウジングの製造ノウハウを生かし携帯電話やスマートフォンを収納ダイビング中携帯し万が一ダイビングボートと離れてしまったり見失った場合に連絡手段として利用するためのレスキューグッズです

使用方法は

携帯電話を付属のビニール製防水パックに入れエマージェンシーフォンに入れてダイビングするだけ。

耐水深は60メートル

浮上後は容器から携帯電話を出し防水パックに収納したまま電話をします。

最近は海外でも国際ローミングで通話ができるので国内だけでなく海外でも機種によっては有効な連絡手段になります。

もし通話状況が悪いエリアでしたらトランシーバーを入れてご使用をお勧めします。

最近はトランシーバーの価格も下がり防水機能を有した商品が多数販売されていますのでインストラクターさんやガイドさんには是非携帯してダイビングの仕事をして頂きたいと考えます。

サイズオーダーも可能ですからご相談ください。

以前あるダイビングスポットで「万が一の連絡手段としてこの商品を使用したいので船長さんの電話番号を教えて頂けませんか?」と言ったら「俺は絶対に見失ったりしないからそんな物必要ない」と言われた経験があります。

そんな船長の時は116にコールしてください。

確かに自信のある仕事をする方なのかも知れませんが事故はどんなとき起こるかもしれないしこの商品が活躍しない事が一番なのですが備えあれば憂いなしです。

| | コメント (0)

2014年2月18日 (火)

失敗しない器材選びシリーズ メモリーカードホルダー

A73a4048

失敗しない器材選びシリーズ
今回ご紹介の商品はメモリーカードケースです。
皆さんは撮影を終えたカードはどうしていますか?
カメラに入れっぱなし?バックの中にケースに入れて帰宅?
裸でポケットにいれて帰宅?...
これらの行為は大変危険な行為です。
メモリーカードは衝撃や自然界にあふれている電気を浴びるとせっかく苦労して撮影したデーターが取り出せなくなったり消滅してしまうことがあります。
ですから撮影済みのメモリーカードは専用のケースに入れて移動することをお勧めします。
専用ケースは万が一落下させた場合でも衝撃からカードを守り自然界に存在する電気からカードを守ってくれます。
また当然ですが水に濡れることも大敵です。
できれば防水機能のものであればベスト。
写真の商品はRGBLUEのカードホルダーですがこれらの機能をすべて備えた商品で気に入って複数個使用しています。
SDカードとコンパクトフラッシュの両方が収納できます。

補足説明ですがメモリーカードを購入したら絶対にやってほしいことが。
撮影に出発する前にカードをカメラに入れ完全にメモリーがいっぱいになるまでテスト撮影をしてください。
初期不良で最初の撮影でカードが使えなかった経験をしたことがあります。
また撮影ができても取り出せないトラブルもありますからできたら一度パソコンに取り込むテストまでやればベストです。
またメモリーカードはできるだけ信頼のおけるメーカーのものを購入することをお勧めします。
価格のつられ安いカードはトラブルの可能性が大きいのば紛れもない事実です。
高いカードがトラブルを起こさない可能性はゼロではありませんが可能性で言うと少ないので。
私自身複数回トラブルで痛い目にあっています。
メモリーカードのトラブルは突然やってきます。
旅行費用や思い出が全て消滅する最悪の事態にならないようご注意ください。

| | コメント (0)

2014年2月13日 (木)

失敗しない器材選びシリーズ LE700W/S

A73a4015
失敗しない器材選びシリーズ
今回ご紹介の商品はINON LE700W/Sです。
この商品もロングセラー商品。
小型軽量の水中ライトです。
このライトの特徴はとにかく故障が少ない。...
構造が単純な為水没しにくい。この特徴は水中で使用するのに重要な条件のひとつです。
また小型なのにワイド仕様のほうは照射範囲がとても広くビデオ撮影や静止画撮影ににも充分使用できるほど。
またこのライトは単三電池3本で使用できる点がありがたい。どこでも電池は補充できるし充電式を使用すれば経済的。
このライトに電池を入れるとき私は何時も感動することがあります。
それは電池がライトの電池ボックスに入っていくスピード。
電池の大きさに対して絶妙な大きさで電池ボックスが作られていて電池が空気の圧力でゆっくりと落ちていく。
流石メードインジャパン!!
外国製品は大雑把な作りのものが多く電池が電池ボックスのなかでカタカタと音を出すものが多いがこのライトはない。
日本のものづくりはやっぱりすごい。
※ライトの性能とはあまり関係がありませんが。
このライトには色温度変換フィルターも3種類付属されていて
赤:魚が逃げにくい。
ピンク・オレンジ:撮影時色に変化をつけた時特に水深の深い場所で
ハウジングに取り付けるためのオプションも豊富なのでご購入時ご相談ください。

機能
照射時間エネループ使用時  約75分
光量  700ルーメン
照射角度   75度
耐水深  120メートル

このライトは水中でのみご使用ください。

アルミボディーのため真鍮製のレギュレーターなどと接触させ長期間保管しているとアルミのボディーが電気腐食を起こす可能性があります。
できましたら単体での保管をお勧めします。

| | コメント (0)

2014年2月11日 (火)

失敗しない器材選びシリーズ Z240

A73a4019
A73a4022

失敗しない器材選びシリーズ
今回ご紹介の商品はINON Z240です。
既に多くの方がご愛用されている方も多いと思いますがこの商品もロングセラー商品です。
このストロボの特徴は何といっても小型軽量でいてガイドナンバー24と言う性能。
陸上用のストロボではガイドナンバー24というのはそんなに珍しくありませんがこのストロボのすごい所は水中での性能。
弊社では陸上用のストロボを水中に持ち込めるようにハウジングを作成しています。
そうすると陸上で照射したときと水中で照射した時の性能が全然違います。
水中は光を吸収され減衰してしまうので陸上での性能表示ほどの性能が水中では出せませんがこのストロボは表示に近い性能を発揮できます。
またキセノン管(光を発光させる電球のような役割のもの)の配置がT型に作られているため360度ほぼ円形に光が発光するので角度を気にせず使用できる点はありがたい。
また単三電池4本で使用できるためコストパフォーマンスにも優れています。
故障も少なく優れた商品です。
デジタルカメラに対応していますのでどんなカメラにも対応できます。

| | コメント (0)

2014年2月10日 (月)

改め! 失敗しない器材選びシリーズ ラゲージチェッカー

A73a4043

改め!失敗しない器材選びシリーズ

テール実際の社長 嫁さんから題名が変と駄目だしされ題名を変えました。
(私は名前だけの社長)
今回ご紹介の商品はラゲージチェッカーです。
昨今原油の高騰のあおりで飛行機の預け荷物の重量制限が厳しくなっています。
昔は多少オーバーしても笑顔で「ごめんなさい」と言えば許してくれていたけど今は500グラムでもオーバーするとお決り通り超過料金を請求される。
その金額はかなりなものになります。
ローコストキャリアの場合航空運賃より超過料金のほうが割高なのでは?
と思える場合もあります。
そんな時役に立つアイテムラゲージチェッカーです。
行きはヘルスメーターでも計れるけど帰りはちょっと心配。
ダイビング器材は濡れたままで重くなりお土産は増えるし。
このラゲージチェッカーはバネ秤の原理で荷物をフックに掛け持ち上げるとグラム単位で重さが計れる優れもの。
デジタル式でかなり正確。
計り自体の重量も軽く小さいのでバックの隅に入れておくととても重宝します。
でも重くなってしまった荷物をどうすれば?
先日インターネットをみていたら面白い商品が出ていた。
基本的な形状はブルゾンなんですが脱いでファスナーを閉めて形状を変えるとバックにはや代わり。
この商品はそれだけではなくブルゾンの状態で物凄い数の品物が色んな場所に付いているポケットに収納でき最大で10キロ以上の荷物を収納できるらしい。
バックの持込制限はあるけど体重制限はないからこの方法なら重量制限も軽くパスできるはず。
ポケットの多い洋服探してみては?

| | コメント (0)

2014年2月 9日 (日)

間違いだらけの機材選びシリーズ 45度ビューファインダー

A73a4006
間違いだらけの機材選びシリーズ
今回ご紹介の商品はINONから発売されている45度ビューファインダーです。
この商品発売以来大人気商品でずっと同じペースで売れている。
この商品が新発売された当時デジタル一眼レフのファインダーが見難く視野率も低いものばかりでとてもファインダーで苦労していた。
そこに救世主のように現れたこの商品に私は飛びつきました。...
しかし使用してみると長年慣れ親しんだ目とファインダーの延長線上にある被写体に慣れていた私にはとても使い難かった。
数回使用してもう投げ捨てたくなったことも正直あります。
しかしだんだんと慣れ逆にこのファインダーの良さにも気がつきました。
知らず知らずのうちにカメラを水平にして撮る癖がついていました。
これは何を意味しているか?
カメラが水平だと必然的に背景に奥行きが出て遠近感のある写真が撮れるのです。
特に砂地でハゼなどを撮る時はとても撮りやすいし背景に水を入れやすい。
またあおって撮る時は自然な体勢で撮影できるので長時間撮影していても疲れない。
良くこのファインダーのメリットを大きく見えることと紹介されていますがされよりも水平にし易い事がこのファインダーの最大のメリットと考えています。

A73a4010

当然倍率も1.2倍になっているので周辺の画像までくまなく見えピントの山も確認し易い。
勘違いしているユーザーが多いのですがピックアップファインダーはこのファインダーと同じく拡大していると思っているユーザーがいらっしゃいますが大きな間違いです。
ピックアップファインダーはレンズで画面を凝縮し(通常のピックアップファインダーは0.7倍位)四隅を見やすくするためのファインダーで単位面積あたりの大きさは当然小さい。
そうするとピントの山は確認し難くなります。
また老眼鏡が必要な方には小さくしているので当然見難くなってしまいます。

使い難い点としては俯瞰撮影には少し使いにくさは否めません。
それから立て位置で撮影するときファインダーを回転させなくてはならなくワンアクション分シャッターを切るのが遅れることがありますね。
また液晶が確認し難くなるのは弱点かもしれませんが
マイナス面とプラス面を比較して圧倒的にプラス面が大きいですね。

A73a4014

お客様がだいぶ慣れてきたと思えるのは20ダイブ位で慣れてきていますね。
完全に慣れるまでは個人差があると思いますが私が完全にマスターできたのは1年位かかりました。
最初は使い難いかもしれませんがマスターした時のメリットは大きいですよ。
是非お試しあれ。

| | コメント (0)

2014年2月 8日 (土)

間違いだらけの器材選びシリーズ クリアフォトフィルム

A73a4029

A73a4031

間違いだらけ器材選びシリーズ
今回ご紹介の商品はINONから販売されているクリアフォトフィルムです。
この商品はハウジングの中にカメラを入れて撮影する際内臓ストロボを使用し外部ストロボを発光させる際に使用します。
内臓ストロボを発光させるとハウジングの内部にストロボ光が回り画像に悪影響が出る場合があります。
一番代表的な例ではポートのガラスに光が反射し白っぽくなったりレンズの縁が写るゴーストと呼ばれる現象が起こります。
それを防ぐためにこのフィルムを使用します。
使用方法はカメラの内臓ストロボの発光面に付属してあるシールで貼り付けるだけ。
そうするとこのフィルムは赤外線だけを通す仕組みになっているので撮影時にゴーストなどは起こらなくなり外部ストロボも赤外線で発行させることのできる優れものなんです。

但しご使用には注意点があります。
まず付属されている高温になる発光面からフィルムを守るための防温フィルムをクリアフォトフィルムとの間に入れてご使用ください。
そうしないとストロボの発光面が変色したり焦げてしまう場合があります。
使用していてフィルムが波打ってきたら交換時期です。
ですからこのフィルムは消耗品とお考えください。
張り合わせるときは隙間がないように張り合わせてください。
少しでも光が漏れるとゴーストなどの現象が現れる可能性があります。
このフィルムを使用した場合ポップアップ式のストロボは閉じれない場合があります。
無理に閉じると水中で再オープンが出来ない場合がありますのでご注意ください。

| | コメント (0)

2014年2月 7日 (金)

NEXUS D610新発売

A73a3991


NEXUSD610新発売です。
D610はD600の後継機として新発売のカメラ。
NIKONのカメラの位置づけとしてはミドルレンジのカメラと言えるこのカメラですがなかなかの実力。
NEXUSのD600とボディーは共用で特に目立った変更はない。
カメラのサイズは弊社で計測した限りはモードダイヤルの高さが僅かに高くなっている以外は全く同サイズでしたので特に変更することなく発売されたようです。
このハウジングは流石NEXUSと思えるほど精巧にできている。
砂型鋳造で製作されたボディーは極薄でたぶん日本の砂型鋳造でないとできない厚さで日本にものづくり技術でないとできない逸品。
したがって重量は他社のアルミハウジングとは比べ物にならないほど軽い。
当然水中での重量も軽く水中バランスはアルミハウジングのなかではピカイチ。
スイッチの操作性もグリップを握ったまま絞りシャッタースピードの操作がとてもしやすい。

A73a3995

見た目にはわからないでしょうけどこのハウジングに使用されているアルミ合金はグレードの高いものが使用されている。
だから長年使用してもアルミの天敵電腐食が起こりにくいのもNEXUSの特徴。
これは他社とは比べ物にならないほどの性能を誇っています。
価格面も他社と比べても割安な設定になっているのでアンティス社長の心意気が嬉しいですね。私自身トータルでパーフェクトなハウジングとお客様にお勧めできるすばらしいハウジングです。

A73a3998

ご注文心よりお待ちしております。

| | コメント (0)

2014年2月 2日 (日)

Nautilus製作工房からパーツ新発売のお知らせ

こんなもの作ってみた。
45度ビューファインダーやストレートビューファインダーをご使用のハウジングで移動中の保護カバーです。
Oリングがついていて防水もバッチリ。
飛行機に装着したまま乗りたい場合はセンターに付属されている弁を外して乗って下さい。
金額は4500円(税別)です。
受注生産の為ご注文から二週間程度かかる場合があります。
1_2
2_2

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »