« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月28日 (金)

マグニファイヤ

株式会社エーオーアイジャパンから新商品のご紹介。
まだ発売前ですが。
ダイバーも高齢化が進み?老眼でカメラの液晶画面が見にくいというご意見をよく耳にすることが多くなった。
ちなみにまだ私はかろうじて老眼にはなっていませんが。
目だけ昔からよくて3.0を誇っていた。

そんな老眼が必要なダイバーに朗報です。
液晶画面に取り付けるマクニファイヤです。
簡単に言うと拡大鏡。
液晶画面が拡大され老眼でない方には拡大できるので細部のピント調整にも便利な商品。
一眼レフの方だけでなくコンパクトカメラに取り付けても便利です。
※この商品は水中専用ですから陸上ではご使用頂けません。

また同時発売のアームは通常のストロボ用のアームをミニチュアにしたような商品で完全削りだしで作られた拘り商品です。
ちょっと金額が高めですが。
テールでは在庫商品としてごご覧頂けます。
ネットでも勿論ご購入頂けます。
マグニファイヤ   9,000円
アーム   16,000円
ご注文は12月1日からです。
ご注文心よりお待ちしております。

_t2a6925


_t2a6932


_t2a6953


_t2a6942

| | コメント (0)

2014年11月27日 (木)

株式会社エーオーアイ・ジャパンから新商品のご案内です。
高性能ライトRGBLUシステム01/02用リモートコントローラーです。
この商品はライトを二灯で撮影している時ライトのコントローラーをライトの機側で操作しなくていいようにするための装置。
二灯のライトを同時に点灯させたり光調整したりすることができる優れもの。
これ...は絶対に便利!
コントローラーには単三電池1本を入れ準備完了。
コントローラーとライトの通信には光ケーブルを利用する。
光ケーブルはシーアンドシーの商品が適合するように作られています。
そして同時発売のアダプターはハウジングのどの機種にも合うように作成されていてステンレス製でレーザーカットされたこの造りは精度と加工技術の高さが光った逸品です。
コントローラーをグリップとして使用することも想定して作成してあるため強度は問題なし。

この便利な商品を試してみたいダイバーは12月20日(富戸)大晦日(伊豆海洋公園)で開催されるナイトダイビングで無料モニターできます。
※数に限りがありますので事前にご予約をください。

_t2a6907


_t2a6917


_t2a6919

| | コメント (0)

2014年11月24日 (月)

オーバーホールキャンペーン

オーバーホールキャンペーン
12月1日~2月末日受付分

毎年恒例のオーバーホールキャンペンを実施します。
寒くなり冬篭りするダイバーも多いはず。
そんなダイバーのためにテールでは毎年この時期に大切なダイビング器材のオーバーホールを応援するために割引キャンペーンをおこなっています。

テールのオーバーホールは拘り満載。
その道25年のベテラン職人が丁寧に分解グリスアップ組み立て調整を行います。
ホースのOリング交換やゲージのネック部分のOリング交換はサービスで実施しています。
オーバーホール完了後は48時間テストを実施し皆様のお手元にお返ししています。
納期は若干かかりますがきっとご満足いただける状態でお返しいたします。
是非この時期に大切なダイビング器材のメンテナンスを行ってください。

レギュレーター・OCTセット   15%OFF
レギュレーター・OCT・BCセット  20%OFF
ハウジング   10%OFF

※通常納期は2週間ですがキャンペーン期間は3週間かかります。
※キャンペーン期間でも納期指定の場合は通常料金となります。
※パーツ代金は割り引き対象外となります。
_t2a0443

_t2a0447


_t2a0457


_t2a0459


| | コメント (0)

ブリジストンブランドのダイビング器材サポート終了のお知らせ

0000001454

平素よりテールをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
今年12月末日をもちましてブリジストンブランド名で販売されたダイビング器材のサポートが終了します。
現在ブリジストンブランドのレギュレーターやその他のダイビング器材のオーバーホールは受付できなくなります。

現在ブリジストンブランドのダイビング器材をご使用のお客様にはビーイズムブランドへの下取りキャンペーンを実施中です。
是非この機会にビーイズムブランドへの買い替えをご検討ください。
詳しくはテールスタッフまでお問い合わせください。

| | コメント (0)

2014年11月23日 (日)

Nautilus製作工房から

Nautilus製作工房から。
久しぶりの透明(無塗装)ハウジング。
ある意味新鮮。
NIKON D750ハウジング。
ミドルレンジクラスのカメラですがボディーが小さいのにフルサイズなのでワイド写真を撮るのにちょうどいい。
ハウジングもDXタイプは149000円(税別)とリーズナブル。
ボディーも小型化できるのでスキンダイバーやイルカ・鯨を中心に撮影しているダイバーに人気のハウジングです。
最近のカメラ進歩は早くハウジングを投資するのも躊躇してしまう。
そんな時すばやくハウジングができ価格もリーズナブルなこのタイプのハウジングは根強い人気がある。
それでいて以前のような造りではなく正確に緻密に丁寧に作成しているから既製品には決して引けを取らない性能なんです。
低予算で一眼レフ水中撮影デビューをしたい方お勧めですよ。

_mg_7504


_mg_7496


_mg_7501


_mg_7503

| | コメント (0)

2014年11月20日 (木)

NautilusNEO7DMark2のテスト撮影

_mg_7506

先日伊豆海洋公園でNautilusNEO7DMark2のテストに行ってきました。 ハウジングは小型にしたわりに充分な浮力もありバランスのとれたサイズに仕上がりました。 厚みを薄くしたのでボディーを握って撮影したいダイバーにお勧め。 前面のコマンドダイヤルを背面に配置したのは正解。 とっても操作性がよくなりました。 また背面のAFonスイッチもレバー式にしたのでフォーカスロックがしやすくなった。 カメラのほうはまず皆様に謝らなくてはならないことが。 先日のフェイスブック投稿で内臓ストロボが性能向上と書きましたがそれほど良くなっていなかった。 やはり条件によってはビジーマークが出てシャッターが切れないことがありました。 しかしフォーカスの性能は明らかに良くなっている。 初代の7DがあまりにもAF性能がイマイチだったから今回のカメラは動きの早い被写体も簡単に撮れる。

画像は特別良くなった点は感じられないけど高感度域は良くなっている感じがする。

ハウジングに数点の問題点が発覚したので早速対応策を検討して製品版の製作に反映させたい。
製品版の加工もすでに入っています。
現在ご予約頂いているお客様分は何とか今年中に納品させて頂きたいと考えています。

_t2a01672


_t2a02142


_t2a03082


_t2a03372

| | コメント (0)

2014年11月14日 (金)

Nautilus7DMark2完成

NautilusNEO7DMark2ハウジング試作が完了。
なかなかいいハウジングに仕上がりました。
今回の試作機はブルーに塗装してみました。
NautilusNEO7DMark2の特徴は水中バランス。
できるだけ邪魔にならない場所に空間を作り水中で重くならないように設計しました。
カメラの着脱はクイック式でカメラ固定金具をカメラに取り付けカメラをハウジングにスライドさせて入れるだけでOK。
このハウジングはメインコマンド・サブコマンド共に背面で操作可能。
ファインダーから目を離さないで操作できるようにしました。
フォーカスONスイッチも親指で操作しやすいようにレバー式にしてあります。
もちろんストロボポップアップをレバーで閉じることもできます。
※オープンのスイッチは付いていませんが撮影モードをフルオートにしてシャッターを半押しにすればストロボは開きます。
こんなに早く試作が完成したのはお願いしている加工屋さんが頑張ってくれたお陰。
既に商品の製造に入っています。
既にご注文頂いているお客様には年内中には納品できそうです。
只今早期予約受付中です。
早期予約のお客様には5%割引や塗装オプション無料など特典があります。
ご注文心よりお待ちしております。

_mg_7506


_mg_7510


_mg_7512


_mg_7521


_mg_7528


_mg_7532

| | コメント (0)

2014年11月 4日 (火)

エクステンションクランプ

失敗しない器材選びシリーズ

フィッシュアイから発売のエクステンションクランプ
ちょっと長めのクランプといった感じの商品です。
少し長めにしたい時アームボディを変更しないで長くできます。
これまでありそうで無かった商品。
ボディーはこれまでのものと比べると肉厚で頑丈に作られているので外部モニターの保持やトリポットクランプと組み合わせて使えば水中三脚のパーツとしても重宝しそうな商品です。
金額はテール特価で4665円(税込み価格)
テールでは常時在庫しておりますので興味のあるお客様は是非ご来店のうえご覧ください。

_mg_7442

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »